飼い犬と飼い猫の数の方が子供より多い

Pocket

どうも飼い犬のように従順な男、チバです。

今回は動物の雑学です。

皆さん、動物を飼っていますか?

今は、ウサギや文鳥、ハリネズミ、など様々な種類の動物がペットとして飼われていますね。

女優の新垣結衣さんも、「ヒョウモントカゲモドキ」という爬虫類を飼っているそうですよ。

しかし、何と言ってもペットと言ったら、犬や猫が真っ先にくるのではないでしょうか。

スポンサードリンク







飼い犬や飼い猫の数は?

一般社団法人 ペットフード協会によると、飼い犬と飼い猫の数は

犬:991万7千頭

猫:987万4千頭

計1979万1千頭(27年度)となっています。

2千万弱もの数の飼い犬と飼い猫がいるんですね。

子供(15歳未満)の数は?

では、人口のうち、子供(15歳未満)の数はどれくらいなのでしょうか?

総務省の調べによると、27年度の4月一日時点での子供の数は・・・・・・。

1617万人です。

つまり、飼い猫や飼い犬の数の方が、子どもの数よりも多いことになります。

ペットを飼う人が増えた。

なんでこんなにペットを飼う人が増えたんですかね。

ネットには子猫や子犬の画像が溢れ、「くぅわいいいいーーー!」って言いたくなるようなものもたくさんあります。

また、一人暮らしをする人も増え、寂しさを紛らわすために飼う人もいるのかもしれません。

まぁ、どんな理由で飼い始めようが、ペットを大事に出来るのなら、飼われる方も幸せかもしれません。

可愛いばかりがペットじゃないのはほとんどの人が知っている訳ですが、たまにそれを知らないクソ飼い主の方がいやがらっしゃるので、どんな大変なことがあるのか、つらつら書いていきましょう。

ペットを飼うデメリットとは?

うんち、ゲロそこら辺でする。→しつけが出来ればちゃんと決まった場所にしてくれますが、うんち踏んじゃった足でそこら辺を歩き回ることがあるのは覚悟しておきましょう。あとペットによっては独特の匂いがします。

・小物など荒らされる→部屋がある程度整理できてない人は生き物を飼うのは厳しいと思います。

・急に体調を崩すかもしれない→ペットが苦しんでいる時、すぐに病院に行ける環境が整っていますか?

けっこうお金がかかる→例えば犬の場合、小型犬か大型犬かで違いもありますが、買い初めにワクチンなどだけで2~3万。ペット用品を含めればもっと行きます。

そして予防接種やエサ代などで年間10万円以上かかります。さらに、突然のケガや病気などがあれば当然もっと費用が掛かります。

抜け毛→これはペットの種類によって違ってきますが、ペットの抜け毛は生え変わる時期などはとくにモッサモッサ抜けます。

・ペットは必ず死ぬ→当たり前すぎることですが、死にます。そうなったときの虚脱感に耐えられますか?

ペットを飼うのに向いていない人

・三日坊主をやりがちな人→「かわいい!」「飼いたい!」と勢いで飼い始めたはいいものの、すぐにペットの可愛さに慣れ、飽きていく。散歩にも行かなくなる。

・部屋をきれいにできない人→ゲロやうんちの処理もしなきゃいけません。抜け毛が落ちまくっている部屋は悲惨です。ペットも衛生面が悪ければ病気になります。

自分の都合を周りに押し付ける人→「ペットが急に病気になった。休みます」では仕事を休めない事もあります。そんな時「あの会社は冷たい」と周りのせいにしてしまう人は飼ってはいけません。飼うと決めたのは自分なのにいざとなったら周りに負担してもらうのが当たり前という考え方はあまりに無責任です。

お金が払えない人→上にも書きましたが、ペットを飼うにはそれなりにお金がかかります。ペットを飼う際の必要経費です。ペットが育つための資金です。払えない人は買わないようにしましょう。こういう事を書くとなぜか赤ちゃんと比較する人がいますが、赤ちゃんと違って「実は・・・・・・できちゃったの・・・・・・」なんて事は絶対にないですよね。飼わない選択肢もあるのに、病気にならないための注射もさせずにいるのは、お金以上に知性がないと言わざるを得ません。

・旅行によく行く人→今は旅行に行く際に預けられるペット用のホテルなどもありますが、ペットにとっては毎回離ればなれになるようなものです。飼うと決めたなら、ほったらかさないようにしましょう。

まとめ

飼い犬飼い猫は子どもの数より多い。

ペットを飼うときはデメリットを頭に叩き込んでから飼おう!

スポンサードリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。