サンタのトナカイの名前は『ダッシャー』

Pocket

さてクリスマスのプレゼンとは何にしようかな・・・・・・。

おっといけね、相手がいなかった。

どうもチバです。

今回は行事に関する雑学をお伝えします。

皆さん、クリスマスをご存知ですか。

スポンサードリンク







私は初耳です。

クリスマスにはサンタがやってきますね。

やってくるときには直接びゅーんと飛んでくるわけではありませんね。

そう、トナカイにそりを引かせてやってくるんです。

そのトナカイに名前があるって知ってましたか?

トナカイは全部で9匹

そんなにいたのかって感じですね。

実はそれぞれちゃんと名前があるんですよ。

・ダッシャー

・ダンサー

・プランサー

・ダンナー

・ヴィクセン

・ブリッツェン

・キューピッド

・コメット

そして、おそらく一番有名な赤鼻のトナカイ「ルドルフ」

計9匹のトナカイがいます。

ルドルフは1939年に追加された、先導役のトナカイです。

サンタはなぜ赤い服を着ているのか?

「もう、わしの体は血で汚れちまったんじゃよ」

そう、キリスト教は様々な地域で弾圧された歴史をもつ宗教です。

サンタはそのキリスト教の象徴の一つでもありますので、それを忘れないように、赤い洋服を着せているという説を今考えました

はい、嘘です。

どう考えても嘘の話ですが、嘘って言っておかないと信じてしまう人がいそうなのではっきり言います。嘘です。

ネットにはデタラメの情報が、さも本当の事のように書かれていることが多々ありますのでひっかからないように常日頃見極める力を鍛えましょう。

ではなぜ、赤い服を着ているのか?

もともとはサンタの服の色なんて決まっていなかったのですが、ある企業の広告により、サンタの服=赤という認識が広まりました。

イメージカラーが赤で世界的に有名な企業って何を思い浮かべますか?

 

赤福?

 

惜しい、コカコーラです。

1931年の事でした。

コカコーラが、米国の「サタデー・イブニング・ポスト」に髭を蓄えた赤い服のサンタクロースを広告として出したのが始まりでした。

 

チバのクリスマス、豆知識

じゃあここで私チバのクリスマス雑学をお披露目致します。

『クリスマスは恋人と過ごすより、

友達と過ごした方が

楽しい』

皆さん、わかりましたか?周りに広めてくださいね。

さて、町のクリスマスツリーの前に無駄に居座るか

 

まとめ

サンタのトナカイは9匹いてみんな名前が決まっている。

そしてサンタの服が赤いのは、コカコーラの広告が原因。

スポンサードリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。