エースの語源は・・・・・・?

Pocket

どうもエースストライカー・チバです。

今回はスポーツの雑学をお伝えします。

皆さん、エースって聞くと何を思い浮かべますか?

ワ〇ピースですか?

今回、お伝えするのは野球のエースやサッカーのエースなど、特に活躍が目覚ましく、チームの中心となっているような選手に対して使われるエースの由来をご紹介します。

スポンサードリンク







トランプのA(エース)?いえいえ・・・・・・

エースって聞くと、何となくトランプを思い浮かべる人もいるかもしれませんが、違います。

メキシコとの国境に壁を立てるわけでもないですし、関税をメチャクチャかけようとするわけでもないのです。

実は、エースと言うのは実在した野球選手の愛称だったのです。

エースさんってどんな方?

先ほども書いたように、エースさんは野球選手でした。

1941年~1988年(47歳没)

 

ポジションはピッチャー。

チームはシンシナティ・レッドストッキングス。

そして本名はエイサ・アサヘル・ブレイナード。

すごい選手の事を「エイサのようだ」と言っていたので、言葉が変化し

エイサ(ASA)→エース(ACE)になったのです。

皆さんは、エースって聞くとすごい人を思い浮かべますよね。

もちろんその語源になるくらいなので、エースさんもすごい選手だったのです。

最初は2塁手や外野をすることが多かったのですが、チームメイトで投手のジム・クレイトンが亡くなり、投手として試合に出場することが多くなった。

一年間で69試合(非公式含め)に出場し、65勝をあげたことがある。

また当時としては珍しく、30代を過ぎても野球を続けていたことからわかるように、野球人として、強靭な身体をしていたんでしょうね。(まぁ当時は年間の試合数が少なかったというのも原因の一つかもしれませんが)

選手生命は長かったブレイナード氏でしたが享年47歳と若くしてお亡くなりになりました。

死因は肺炎だったそうです。

チバのエース観

エースと言うといかにも花形という感じがして、勢いもあり、若々しい印象もあります。

なので私はエースと言われるよりは、エースと対決して、「やっぱりチバさんが壁として立ちふさがるか・・・・・・」「やっぱあの人すげぇよ」「あの人若い頃から地味にすごかったからな」と言われるベテランキャラに憧れます

エースより百戦錬磨のベテラン。

ちなみにベテランの由来はラテン語で「年老いた」という意味を持つ「VETUS」からきています。

チバはまだ、若いですよ。ベテランになりたいけど。

まとめ

『エース』の由来は、1841年生まれの凄腕ピッチャーエイサ・アサヘル・ブレイナード氏という実在した人物名である。

スポンサードリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。