ちゃんぽんだと酔いやすい!?【雑学をおすすめ】

Pocket

ラーメンも好きだけどちゃんぽんも好き、どうもチバです。

今回はお酒のちゃんぽんに関する雑学です。

 

【この記事を読んでいる人におすすめの記事】

・夜、急にアイスを食べたくなる人はあの栄養素が足りない

 

スポンサーリンク





 

ちゃんぽんとは?

日本酒やワイン、ウィスキーなど様々な種類のお酒を続けて飲むことをちゃんぽんといいます。

お腹の中でごっちゃ混ぜという事ですね。

よく言われているのは、「ちゃんぽんだと酔う」という事です。

 

なぜちゃんぽんだと酔う?

よく言われているのが、ちゃんぽんだと自然のと酒の量が増えるから大量に飲んでいるだけ、という事です。

飲み比べをすると、少しずつの量でもいつの間にかにたくさん飲んでいるかもしれません。

 

なるほど、酒の量自体が増えているから酔うのは当たり前という事ですね。

しかし、ちゃんぽんにはそれとは別のデメリットもあります。

 

ちゃんぽんのデメリット

ちゃんぽんのデメリットとはなんでしょうか?

それは肝臓に関係しています。

 

酒の種類が違えば、アルコール濃度も違いますね。

実は肝臓はアルコール濃度によって、分泌する酵素の濃度を変えて行かなければなりません。

それは肝臓にとって大きな負担になるのです。

 

また、お酒にはアミノ酸やコハク酸など様々な有機物質が含まれています。

酒の種類が増えればもちろん有機物質の種類も増えます。

肝臓はその物質一つ一つの毒を消したり、有用な物質に変えたりと一つずつ対応し、大忙しで働かなければなりません。

脳や神経機能は大忙しです。

ちゃんぽんでお酒を飲むと、肝臓の仕事量が数倍に増えていくという事ですね。

結果として、悪酔いや二日酔いになりやすいと言えるでしょう。

 

飲むお酒の量が同じでもちゃんぽんにすると肝臓への負担は大きくなるようです。

 

酔っているときにケガをすると血が止まらない?

お酒を飲むと血が止まりにくくなる。

これは多くの方が知っている知識ではないでしょうか?

 

ではなぜ、酒を飲んで酔っ払うと血が止まりにくくなるのか?

酒を飲むと血行が良くなり、血の巡りが良くなるからというのは何となく考え付くかもしれませんね。

アルコールは血圧を上昇させますので、それも間違いではありません。

しかし、原因はそれだけではありません。

 

アルコールは血小板の働きを弱める効果があるのです。

血小板はケガをしたとき、血を固めてくれる効果があります。

それが弱まるのでいつまでも血が流れ出るという事です。

 

つまり、血圧上昇プラス血小板の働きを阻害するという2重の効果で血が止まりにくくなるという事ですね。

 

パワーアップする肝臓の障害

酒のみにとって最も怖いのが、肝臓がぶっ壊れることでしょう。

肝臓はアルコールを分解してくれます。

なので、酒の飲み過ぎでもっとも影響を受けやすい臓器です。

 

肝臓は強い臓器でもあります。

ちょっとのダメージなら再生します。

しかし、その強さゆえか、痛みをサインとして出すことがなく、「沈黙の臓器」と言われています。

つまり、肝臓に病があると自分で気づくような段階の時には手遅れという事です。

 

肝臓の病の段階としては

①脂肪肝

②アルコール性肝炎

③肝硬変

と変化していきます。

 

③肝硬変まで行くと、まず治りません。

 

脂肪肝までだったら、禁酒をする事によって改善が望めます。

肝臓を休ませる「休肝日」がいかに大切かがわかりますね。

 

まとめ

酔う原因はたくさん飲むから。

でもちゃんぽんの方が肝臓の負担は大きい。

肝硬変まで行くとまず治らないから、休肝日はとったほうがいい。

 

スポンサーリンク





 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。