腐らない食べ物!それは・・・・・・?

Pocket

どんなに叱られても腐らない男、どうもチバです。

 

皆さん、食べ物って大体腐りますよね?

ですが、腐ることがない特殊な食べ物があることをご存知ですか?

それはズバリ!『はちみつ』です。(※ハチミツは絶対に乳児に食べさせてはいけません)

【関連記事】

・はちみつの健康効果ベスト8をご紹介

・赤ちゃんに食べさせてはいけないもの

 

スポンサードリンク







 

食べ物はなぜ腐るのだろうか?

食べ物の中にはタンパク質や炭水化物などの物質がありますね。

同時に微生物(バクテリア)も存在します。

そのバクテリアがタンパク質などを分解したとき体に悪い物や臭い物が出来ます

そうすると、俗にいう腐敗臭が漂い、体を壊してしまうような物質になってしまうのです。

これが“腐る”ということですね。(※ハチミツは絶対に乳児に食べさせてはいけません)

 

はちみつはなぜ腐らない?

はちみつは糖分が高く、逆に水分は少ないのです。

その環境では、バクテリアが繁殖しにくいので腐らないのです。

しかし、そんな環境でもボツリヌス菌という菌は生き残ることが出来ます。

このボツリヌス菌は抗体が出来上がったら体に入れても大丈夫なのですが、まだ抗体ができていない乳幼児が口にすると命を落とす危険がありますので、ハチミツを乳児に上げるのは絶対に止めましょう。

 

でも賞味期限がありますけど?

ご存知の方も多いかと思いますが、賞味期限は食べられる期限ではなく、おいしく食べられる期限です

賞味期限を過ぎたらちょっと味が落ちますよってことです。

なので、風味や味は落ちてしまいますが、賞味期限をすぎてもハチミツは食べられます。

それに対し、消期限はこの期限を過ぎたら、食べない方がいいという期限です。私はあんまり気にせず食べてしまいますが、気になる方は処分しましょう。自己責任です。

(※ハチミツを乳児に食べさせてはいけません)

ハチミツが固まる

ハチミツは13度くらいの温度で固まってしまいます。

結晶化して、白っぽくなりますが食べられます。

戻すときは、5~60度くらいのお湯で湯煎して溶かせば大丈夫です。

固まったままのハチミツを取り出して電子レンジなどで温めて溶かすのもいいでしょう。

(ハチミツを乳児に食べさせてはいけません)

 

ハチミツはのどにとても良い!

ハチミツは喉にとても良い食べ物としても有名ですね!

風邪などで体調を崩したときにはハチミツを食べる方は多いようです。

上にも書きましたが、ハチミツは菌にも強いですし、抗炎症効果もあるんです。

 

チバがおすすめする食べ方

私、チバがおススメするハチミツの利用法があります。

それはホットミルクにハチミツを入れて飲むというものです。

効果が倍増とかそういうのではなく単純に美味しいのです。

私は一週間連続で、このホットハチミツミルクを飲み続け、そして飽きました。

もう一年くらいはハチミツいいかな・・・・・・って感じです。

まとめ

ハチミツは腐らないし、喉にもいい!

でも絶対に一歳未満の乳児に食べさせてはいけない!

 

 

 

 

 

スポンサードリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。