ミミズの性別の見分け方

Pocket

男らしさと共に、女性のような細やかさを見につた男。

どうもチバです。

今回は、生き物に関する雑学をお届けしたいと思います。

テーマは『ミミズ』です。

あの見た目。苦手な方もたくさんいるかと思います。

まじまじと近くで見たことが無い,という人もいるのではないでしょうか?

 







 

 

ミミズの性別の見分け方

実は、こんなタイトルにしておいて申し訳ないのですが、ミミズの性別を見分ける方法と言うのは存在しません。

というよりも見分ける必要がありません。

なぜなら、ミミズは、オスでもあり、メスでもあるからです。

どちらの機能も持つ、雌雄同体という性質を持っています。

いったいどこに?

ミミズの生殖器官や、排泄器官はどこにあるのか?

あの生物には、一部、太い部分がありますよね?

あそこにそれらの器官があるのです。

じゃあ子どもを増やすときはどうするのかと言うと、どちらかがオス、どちらかがメスと言う役割分担をするわけではなく、どっちも受精し、どっちも卵を産みます。

ミミズは、遺跡を埋める?

遺跡と言うと、掘り起こしたら出てきた、とか土に埋まっていたとかいう話を聞く事もありますよね。

実は、そんな風に土に埋まっている遺跡の中には、ミミズが原因だとされるものもあるのです。

ミミズが、土の中を潜りまわり、糞をしていく事で、長い年月をかけて遺跡が埋まっていくとのことです。

100万年くらい、映像をとって、早送りして見て見たいですね。

チバ的、ミミズの思い出

私はカブトムシの幼虫でもなんでもけっこう素手で持てるのですが、ミミズはダメでした。

小学生の頃、ヤマタノオロチのようなミミズを、スコップでやっちまってから、もうだめです。

ミミズさん、ごめんよ。

オレは花が埋めたかっただけなんだ。

 







 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。