深海魚が、水圧で潰れない理由

Pocket

たまに深海魚みたいな顔になります。

どうも、チバです。

今回は、深海魚に関する雑学です。

 







 

 

海の分類

海は2層に分けると、深海2000mまでの浅海とそれ以上深い、深海に分けられます。

その中でも、3000メートルまでを漸深海帯、6000mまでを深海帯、それ以上を超深海帯に分けています。

日本の『しんかい6500』という潜水艦は、その名の通り、6500mまで潜ることが出来ます。

水圧と体液

深海魚の体内の圧力と、水圧は釣り合っているから平気なのだ。

むしろ、急に地上に引き上げると、水圧の急激な変化により、浮き袋が膨れ上がり、内臓や目が飛び出してしまい、非常にグロテククスな見た目になってしまう。

ただ、普段から、上の方に行ったり、下の方に行ったりする種類の魚は、水圧の変化の影響を受けにくくするために、浮き袋の中に油が入っていたりもする。

また、中には、浮き袋をもたない水中の生物もいるので、そういう場合は水圧の変化の影響を受けずに済むのだ。

水族館の深海魚はどうなっている?

水族館にも深海魚はいますね。

水槽の中の水圧を、深海と同じような環境にしているのでしょうか?

実は、そんなことはなく、他の魚の水槽と同じように管理しています。

そうじゃないと、飼育員さんも水槽の掃除の時に潰れちゃいますからね。

逆に、深海魚の浮き袋の中にたまった空気を、お尻から抜いてやることで、膨らませずにいられるようです。

チバ、深海魚を思う

さて、こんな話をしていたら、アンコウの鍋が食べたくなってきましたね。

大洗は、アンコウ鍋が有名らしいので行こう行こうと思って、早数年。

ついに、年末になってしまった……。

来年こそ行くぞ!!(多分)

 

 







 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。