自転車をおすすめ

Pocket

自転車の魅力

歩くのはめんどくさい。

しかし、車を使うほどではない。

そんなとき活躍するのが自転車である。

目的地まで走り回った少年少女時代。

自転車に乗ることはただひたすら楽しかった。


スポンサードリンク



 

自転車の種類

〇ロードバイク

ドロップハンドル。タイヤが細く、車体は軽い。最もスピードが出る。

〇マウンテンバイク(フルリジット、ハードテイル、フルサスペンション・ダウンヒルバイク)

山道や荒れた道を走るための自転車。サスペンションがあれば衝撃を吸収してくれる。

〇クロスバイク

ストレートハンドル。車体が軽い上に気軽に乗れるデザイン。

〇シクロクロス

デザインはロードバイクとほぼ同じ。シクロクロス競技が存在しており、でこぼこした荒れ地や障害物を時に担いで走りきる競技で使う。

〇ファットバイク

タイヤの太さがママチャリの3倍近くある。空気が大量に入るためフワフワした独特の乗り心地。元々は雪の上を走るために考案された。

〇ミニベロ

ベロ=自転車。つまり小型の自転車である。小径車とも言う。タイヤが小さいため漕ぎ出しが軽い。ギヤが大きいので、それなりの速さは出る。

〇リカンベント

仰向けに寝転がった状態で乗る自転車。普通の自転車と使う筋肉が違う。空気抵抗を受けにくく直線は早いとされているが、坂道は苦手。

〇TTバイク

ロードバイクよりも空気抵抗を減らし、より平地でのタイムトライアル(TimeTrial)に特化したつくりに。その代り坂道は苦手。

〇BMC

構造が単純で頑丈。長距離を走るというものではなく、競技用の自転車。

〇ママチャリ

泥除け、前かご、スタンド、カギ付きという最高に便利な自転車。最近は性能も向上している。


スポンサードリンク



ロードバイクの楽しみ方

ロードバイクはぐんぐん進む。

少し漕いだだけでも20キロ、30キロとスピードが出る。

始めは10㎞くらいの距離でへばっていても、楽しく乗っていればいつの間にかに100キロ走れるようになっている。

それがロードバイクだ。

アマチュアが参加できる大会もたくさんある

信号を気にせず、思い切り走りたい人はサーキットで走るエンデューロをおすすめする。スポーツカーも走るコースで思い切り自転車を走らせることが出来るのだ。

登っていく内に楽しさが込み上げてくるヒルクライム。いたるところで大会が行われ。富士山を登るヒルクライムレースもあるのだ。

長い距離を走りたい人にはロングライドの大会もある。奄美大島や久米島をぐるっと周るコースもある。景色を楽しみながらひたすら漕ぎたい人におすすめである。

自転車は選り取り見取り。

コルナゴ、ピナレロ、デ・ローザ・ジャイアント……自転車メーカーは本当にたくさんの種類があるのだ。メーカーごとに持ち味も違い、乗り心地も違っているのが楽しい。

更にそのメーカーの中でもグレードの違いがあるのだから選ぶのも一苦労だ。

しかしその選んでいる時間も、とても楽しいものである。

整備する楽しさもある

ロードバイクがより自分にふっとするようにポジションを設定し、時にはホイールやタイヤ、ギヤなど様々な部品を交換してく時にはワクワクするものである。

部品を交換した後の、乗り心地が変わった!と実感する瞬間は何物にも代えがたい物である。

たくさん走ったあと汚れた自転車を整備しピカピカになっていく様子を見るのはとても嬉しい物である。今は自転車を整備するための道具も色々なものが市販されている。

 

マウンテンバイクの楽しみ方

マウンテンバイクにも種類がある。

ショックを吸収するサスペンションが前後についているのが、『フルサスペンション』。

前だけについているのが『ハードテイル』

付いていないのが『フルリジット』

フルサスペンションを更にショック吸収と頑丈さに特化させたのが『ダウンヒルバイク』だ。

山で遊ぼう

マウンテンバイクの太いタイヤとサスペンションなら、山のでこぼこ道でも安心だ。

フルリジットはサスペンションがないので、己の腕で、でこぼこ道を制覇していくのだ。

サスペンションが付いているという事は重いのだ。あればショックを吸収し、なければよりクイックな動きが可能になる。

だけど注意してほしい。本格的なダウンヒルでは、サスペンションがなくてはショックを吸収しきれず自転車が損傷してしまう事もある。テクニックだけでは賄いきれない部分があるのだ。

その点、ダウンヒルバイクはその名の通り、完全なダウンヒル仕様である。下りにはめっぽう強い。しかし頑丈にしてある分重量もそれなりにあるので、ヒルクライムにはまず向かないという事を覚えておこう。

普段使いにも

何も山を走ることだけがマウンテンバイクの楽しみ方ではない。

普段の道のちょっとした段差を気にせず、気ままに街中を走ってみるのもいいだろう。

クロスバイクの楽しみ方

すぐさま出発できる強み。

グローブや専門の靴はいらない。乗りたいときに乗ろう。

ママチャリの気軽さに軽快な速さを加えたのがこのクロスバイクだ。

前かごやフェンダーなどは取り除かれているがその分軽く速い。

車体自体も軽く作られ、タイヤも細めな為、気持ちよく加速してくれる。

デザインもよし

走るのに必要なものを残し、シンプルなデザインに仕上がっている。

ママチャリのような野暮ったさはない。

色々なメーカーから、様々なカラー、デザインのものがあるので納得がいくまで選ぶといいだろう。

 

シクロクロスの楽しみ方

シクロクロスという競技

形状はロードバイクに似ている。しかしもっと頑丈に設計されている。

それは、シクロクロスと言う競技の為だ。

1週数キロのでこぼこ道や障害物などを乗り越え進んでいく競技である。

自転車に乗ったままでは難しいのなら降りて自転車をかついで走ってもいいのだ。

とにかく、最終的により走った方が勝ちなのである。

自転車は泥まみれ

土がむき出しのコースを走るので、土だらけ泥だらけになる。

自分の泥だらけだ、しかしガムシャラに勝ちに行く楽しさがそこにはある。

ミニベロの楽しみ方

とにかくオシャレなのだ。

車輪が小さく、車体とのバランスがかわいらしくオシャレに見える。

折りたたむことが出来るものも多く、旅先にも気軽に持っていけるのだ。

侮れない走行性能

走り出すとき驚くほどスムーズに走り出すことが出来るのだ。それは車輪が小さいからだ。

車体もコンパクトなので、軽く仕上がっている。軽いという事は加速しやすいという事なのだ。

最高速度が遅いかといえばそんなことはない。ギヤがその分大きく快適なスピードで走ることが出来るのだ。

ただし、漕ぎ続ける必要があるので、超長距離には向かないかもしれない。

ファットバイクの楽しみ方

乗り心地抜群

ファットバイクを楽しみたかったら、単純に乗ればいいのだ。

他の自転車とは違う乗り心地に思わず笑みが浮かぶだろう。

鷲掴みで極太のタイヤをつかんでみるともう一度笑ってしまうだろう。

どんな障害物でも乗り越えられそうな、ウキウキした気分になるのだ。

意外と走るファットバイク

タイヤが太く、車体もごついので重そうに見える。

たしかにロードバイクなどと比べたら重い。

しかし、ちゃんとしたメーカーから出されているファットバイクは意外と軽く、思った以上に軽快な走りを見せてくれるのだ。

どんな道も選ばないファットバイクひたすら乗って楽しむのもいいだろう。

リカンベントの楽しみ方

リカンベントとは『もたれかかる』という意味である

その名の通り、もたれかかった状態でこいでいく。

その為空気抵抗を受けにくく、スピードが出しやすいというメリットがある。

空を自然と見上げられる自転車

自転車に乗っていると、視線が下向きになってしまいやすくなるものだがリカンベントの姿勢だと視線が自然と空に向かう。

あまりの視界の広さに驚くかもしれない。

 

自分にあった自転車を選ぼう

自転車にもいろいろあることが分かって頂けたかと思う。

どんな自転車に乗ろうか選ぶだけでも楽しい物である。

目的にあった自転車を選び漕ぎ出してみよう。

久しぶりに乗る自転車はとても爽快だ!


スポンサードリンク



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。