ロードバイク講座⑥ ヒルクライムに挑む

Pocket

ロードバイク講座⑥ ヒルクライムに挑む!

山に登るって楽しいな。

 

自転車で山に登ったことはありますか?

楽しいですよね!

登っているときは

「もう、登らん」「あれ? なんで自分は登ってるんだっけ?」など思う事も時々あるものの、ついつい行きたくなるヒルクライム

きっと、脳内でいい感じの物質が出ているのでしょう

はじめたばかりの人も楽しく参加できるレースがたくさんある、ヒルクライム。

 

今回は、これから挑戦するぞ!という人に向けた簡単なヒルクライム講座をしたいと思います。


スポンサードリンク



①体を起こす。

体が前傾姿勢になりすぎると、肺が圧迫され呼吸がうまくできなくなります

体を起こして、空気をたくさん取り入れましよう。

呼吸をするときは、吐くことを意識しましょう。肺の中に空気がたくさんあったら、新鮮な空気が取り入れられません。『吐いて吸う』を意識しましょう。

②ギヤチェンジをうまく使う。

上手な人ほど、ギヤチェンジをしっかり使い、勾配に合ったギア比に持っていきます。気合を入れて力を入れて漕いでいた坂も、ギヤを変えれば楽に行けるかもしれません。場面に応じた最適なギヤを探しましょう。

また、トレーニングによって、足の筋肉が自転車向けに強化されていけば、より高いギヤ比でこげるようになりますので、最適なギアもその都度調整していきましょう。

ギヤが適正かそうでないかでは登りやすさに天と地との差がありますからね。初心者の方ほどギヤを意識して坂道を上る経験値が増せば増すほど、ぐんぐん上達していくでしょう。

何より、ギヤをいじくるのって楽しいですよね!笑

③とばしすぎない

初心者にありがちですが、ギアを重くしてガシガシ踏みまくるか、逆にギヤを軽くしてメチャクチャくるくるペダルを回すかして、最初の方で力尽きる方がいらっしゃいます。

途中で足がついてしまうという方は、だいたい頑張りすぎです。

案外、ゆっくり漕いで行った方が最後まで一定のペースで走れて速くなったなんてのはよくある話です。

あと、筋肉を思い切り使うと、回復するのに非常に時間がかかります。心拍はそれに比べ比較的早く回復しますので、筋肉を使いすぎずに登ることを意識してみてください。

④休むダンシング

ダンシング≒立ち漕ぎ

急勾配を一気に攻めたり、追い抜かす時などに使う『攻めるダンシング』もありますが、ここで紹介するのは、体力を回復させる『休むダンシング』です。

ずっとシッティング(座って漕ぐ)だと、同じ筋肉ばかり使うので、疲れが溜まってしまいます。

そこで、ダンシングに切り替えると使う筋肉も切り替わり、筋肉を休めることが出来るのです。

休むダンシングでは、ペダルに体重を乗せるような感覚でリズムよく漕いでみてください。

〇回シッティングでペダルを回したら、△回ダンシングする、など決めて色々やってみると、自分なりのヒルクライムのリズムがつかめるかもしれませんね。

⑤リズムよく

リズムを意識するのとしないのでは疲れ方がまるで違います。

リズムは色々な取り方があります。

ペダルに合わせて息を『吐く・吐く・吸う』と決めておいたり、

ダンシングとシッティングの交換。

体の動きなど、リズム感を大切にしてください。

あまりに、ペダルが回っていなかったりすると、リズムが取りにくいので、ケイデンス7~80辺りを目指してやってみてください。とは言うものの、ケイデンスは人によるところもあるので、自分が一番力を発揮できる所を探してみてください。

⑥ラインを見極める

走るライン取りもとても大切です。

苦しくなると、最短距離を走りたくなりますが、坂道の場合、遠回りをした方が勾配がゆるくて楽な事が多々あります。

近道をして、急勾配にとどめを刺されるケースがありますので楽な道を見つけましょう。

でも車やバイク、他の自転車など、十分気をつけましょうね。安全第一です。

 


スポンサードリンク



これらのテクニックを意識してみなさんもヒルクライムを楽しみましょう。

色々な峠に挑戦するうちに大阪の暗峠(くらがりとうげ)という峠の名前を知ることになるでしょう。

あそこは相当鍛え上げた人でも、足をつくと思いますし、道が狭い場所もありますので、挑戦するなら、信じられないくらい鍛え上げてから行きましょう笑


スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。