BabySteps(ベイビーステップ) 41巻【感想】

Pocket

BabySteps

ベイビーステップ

41巻感想

【関連記事】

・ベイビーステッププロ選手紹介

・STCの仲間たち

・エーちゃんの試合経歴

 

ベイビーステップ感想まとめはこちら

※ネタバレを含みますのでご注意ください。

 







 

サンチェスと1ゲーム

世界ランク8位のサンチェスと1ゲームだけサーブからの試合形式をしたエーちゃん。

弱いままの選手は自分より強い相手と戦った時、「強かったなぁ」で終わってしまいます。

強くなる選手は、負けても相手のサーブがどれくらい速かったとか、どれくらい跳ねたかとか、反応がどれくらい早いかとか覚えているものですがエーちゃんはまさにそれですね。

ただ、それにしても成長スピードが尋常じゃないですが笑

 

諭吉との特訓

ビールケースを繋ぎ合わせた上に板を乗せて、その上からサーブを打つ特訓をしていますね。

リターンの練習なんかだと、前の方から打ってもらってそれをリターンするみたいな事はやっている所もあると思います。

その方がスピードは出るんですが、やっぱり前方から打たれる違和感みたいなものはありますね。

サーブって速さよりも角度がきつい方が、サーブとしては強いと思います。

速さは案外何とかなるんですよね。といっても遅すぎるサーブは叩き込まれますが。

なので、この高い所から、跳ねるサーブを打つのはいいと思います。

 

私も似たような事をしたことあります。

結構足場が広いように見えますが、実際打つと結構落ちそうで怖いと思います。

 

慶稜チャレンジャー

慶應チャレンジャーのベイビーステップ版ですね。

大林君のキャラがだんだん情けなくなっていきます

1回戦の相手はエーちゃんがツアー初戦で戦った相手ですね。

 

あからさまに自分に有利なジャッジをしてきた相手ですの嫌な印象があります。

セルフジャッジだから微妙なところはインでもアウトって言って当たり前・・・・って事はありません。公正にジャッジして強い奴はたくさんいます。

(公正にジャッジしてるのに、「今の入ってるだろ」とか言われるとイラッとしますけどね)

エーちゃんはしっかりリベンジを果たしてくれたのでスッキリしましたね。

 

そして、そのあとコマで一戦ずつこなして、無事予選突破です。

長い試合は3巻分くらいかかりますが、パパッと終わらせるときは一コマ。

そのギャップがいいですね。

 

久しぶりの海外勢

ピートとクリシュナも同じ大会に出るようです。

因縁の相手でもないと2回戦う事はなさそうなので、ピートとは戦わないでしょう。

クリシュナの実力が見られそうなので楽しみです。

 

エーちゃんもこの大会で飛躍しそうな雰囲気が見られますので、楽しみです。

岡田が近くで彼らの会話をずっと聞いているのが面白いですね。

 







 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。