BabyStep(ベイビーステップ) 40巻【感想】

Pocket

BabySteps

ベイビーステップ

40巻感想

【関連記事】

・エーちゃんのライバル達

・大杉高校の仲間たち

・STCの仲間たち

・プロ選手紹介

 

ベイビーステップ感想まとめはこちら

※ネタバレが含まれますのでご注意ください。

 







 

同期との練習

40巻では冒頭から、これまでエーちゃんと激闘を繰り広げてきたライバル達と練習をすることになりました。

 

この展開好きです。

ライバルと和気藹々とするのが好きってのは多くの人が感じますよね。

悟空とピッコロが仲良く運転免許を取りに行くときに感じた微笑ましさと言うか、嬉しい感情が沸き上がりますね。

 

進路やプロとしてどう生きていくかって話をしながら一緒に練習をしていますね。

井出が相変わらず主人公していますが、色々な話が聞けて面白かったです。

というか岡田と緒方が同じ大学なら、大学日本一間違い無しですね。

とはいえ、彼女に来年にはプロになるんでしょ?みたいなこと言われてたんで、大学のリーグ戦には出ないんでしょうか?

 

進路話も面白かったですが、神田の下世話な話も面白かったですね。

キャラづけがハッキリしてきた話だと思います。

岡田は完全にギャグキャラ扱いですね。

舌打ちが持ちネタです笑

 

同期同士の関わりって面白いので、是非これからも機会があるたびにバンバン描いていってほしいです。

 

ツアーデビュー

プロとしてのエーちゃんの活動が始まりました。

最初はオーストラリアのフューチャーズに出場したようです。

 

私は海外でプレイしたことは残念ながらありませんが、プロが戦うようなコートででもひどいコートはあるもんなんですね。

凄く強風でも戦わなきゃいけないときは日本でもありますが、椅子が飛ぶ直前ってのはなかなか無いですね。

ただ、海の近くのコートだと、風が非常に強くて困ったななんてこともありました。

ラリーも流れますけど、トスが風にあおられるんですよね。

おっとっと→「あっすんません」トスやり直しってこと結構ありますからね。

 

エーちゃんは海外にバンバン言って経験を積んでいきます。

中々、成果が上がらないのは、IMGに留学している時を思い出しますね。

まぁそれなら大丈夫でしょ。そのうちバンバン勝つでしょ。笑

 

佐々木さんと影山

色々ありましたが、ついに結ばれたようで良かったです。

何月頃につき合い始めたんでしょうね。

もしかしたら、そのうち短編が単行本に載ったりするかもしれませんね。

 

諭吉は無事おいてけぼりをくらってしまいましたが、諭吉っぽくていいですね笑

何度も一緒に試合を応援しているだけあって、影山とも友情が芽生えているようで良かったです。

楽しい雰囲気の中、気軽に「ゆきっちゃん」なんて言っている所に学生らしい、親しみが感じられますね。

エーちゃんだったら絶対言わなそう。

エーちゃんってこれまでの人生で人をあだ名で呼ぶことあったんですかね?

 

・・・・・・・。

 

あっなっちゃんか。

 

ウィンブルドン

芝の感触やら、外観やら、作者の勝木先生がめっちゃ取材してきたのが伝わりますね。

観客がすごく多くてスタッフに頑張ってもらったらしいです。

 

エーちゃんの年上に気に入られるパワーが発揮されましたね。

普通、こんな事無いと思います。

タクマには一見気に入られてないように見えますが、同じ部屋に宿泊させる時点で気に入られてると思います。(タクマは気に入ってると思ってなさそうだけど)

考えてみてください。

 

もし、同じSTCに入って来てたのが岡田だったら、絶対断ってますよ

 

世界上位と練習

エーちゃんが主人公特権で世界ランク8位のプロと練習が出来ます。

こういうラッキーは読者が喜びますよね。

サンチェスはまだ普通ですが、レヴィナ・マックスの方はなんか頭に触角が生えてますね。名前もかっこいいです。

名前でいうと、現実の方のロジャーフェデラーって名前もめっちゃかっこいいですからね。漫画の方が負けてちゃいけませんね。

エーちゃんが世界上位と実際に触れたことでスランプ脱出のきっかけになるのか、楽しみです。

 







 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。