BabySteps(ベイビーステップ) 39巻【感想】

Pocket

BabySteps

ベイビーステップ

39巻感想

【関連記事】

・ベイビーステップ プロ選手紹介

・エーちゃんのライバル達

・エーちゃんの試合経歴

・大杉高校の仲間たち

 

ベイビーステップ感想まとめはこちら

※ネタバレが含まれますのでご注意ください。

 







 

門馬戦決着

いやぁ、ボコボコにやられましたね。

2回戦で門馬さんと当たっていたら、エーちゃんはプロになれませんでしたね。

 

とはいえ、門馬も「終盤サーブが読まれて厳しい場面もあった」と心の中では思っているだけあり、エーちゃんの分析も通用しそうな感はありましたね。

少しそれが遅かったという事でしょうか。

 

エーちゃんはここでも、年上に好かれる親父キラーの特性を発揮し、門馬に気に入られます。

素直で童顔な人は、教えたがりの年上には特に好かれますからね。

門馬やら浅野やらに好かれるのも、わかります。

 

同級生の男からは、一歩引かれることが多いエーちゃんですが、女の子や上司に好かれる能力は抜群に高いです。

羨ましいような、寂しいような、やっぱり羨ましいような・・・笑

 

ナショナルチーム

ベイビーステップでは、デ杯つまり団体戦はとてもピックアップされていますね。

エーちゃんが世界で活躍するまではさすがに時間がかかるから、その間の期間の山場として、デ杯代表に選ばれたり戦ったりする場面を描くつもりなのでしょう。

 

難波江さんはさっそくBチームに選ばれていますね。

現代表の2人を倒しただけあって、この人選は当然でしょう。

エーちゃんは門馬相手の惨敗が響きましたね。

日本ランキング3位の人は全日本に出ていませんが、わざわざ髪にトーンを使用しているのを見ると、けっこう重要な強キャラとして描かれるのかもしれませんね。

 

エーちゃん達若手が集められて、代表について話を聞いている場面。

代表になりたきゃ実績を上げろってな話をしている所です。

「シンプルでいいだろ?」

って台詞と構図がすごくいいですよね。

39巻で一番好きなページです。

 

池VS門馬

大会5連覇がかかった門馬と、日本最強の池の戦いです。

翌年以降はスケジュールの関係で池は出られないでしょうし、ここは漫画的都合で池が取りましたね。

 

池のモデルは錦織選手なのは有名です。

錦織選手は日本人選手の中では突出した存在ですが、ベイビーステップの中では、けっこう競っている存在(門馬)がいるんですね。

そのうち、池はランキングを一ケタにするとは思いますが、この時点ではランキングは非常に近いですね。

 

この二人の戦いを観戦する時、エーちゃん、荒谷、井出が一緒に観戦しているのはなんか嬉しくなります。

今流行りの腐女子ってわけではありませんが(というか男ですが)、ライバルが戦い以外の場で一緒にいると新鮮で楽しい気持ちになりますよね。

ちょうど、スラムダンクの桜木と清田が一緒に偵察に行った時みたいな気分です。

 

難波江くんが一緒にいないのが、ちょっと寂しいですが、きっと彼は高木とコーチと一緒に見ているんでしょう。

あれ、岡田は・・・?笑

 

高校の反応

エーちゃんが全日本選手権で結果を残し、プロ入りを決めました。

高校の先生に報告するエーちゃん。

相手はエーちゃんの進路がテニスプレイヤーと聞いて、どうしたもんかと溜め息を洩らしていた先生です。

本当になったぜ、ざまみろい!ほれー!

と思った読者もいたはず。

先生に溜め息洩らされた時から、いつか見返してやるとモヤモヤしていた人もいた事でしょう。

 

ただ、正直な話、高校からテニスを始めた学校一の優等生がテニスプレイヤーになるって言い出したら、普通反対します。

だから、現実的な事を考えれば、いい先生だなぁって感じです。

多分、丸尾両親とも話をしたことでしょう。

 

結果を示さなきゃ応援してくれないのかよ、じゃなくて、結果を出しさえすれば応援してくれるって事ですね。

養ってもらっている身分で、いばらの道に進みたければ、ある程度の結果は必要かもしれませんね。

 

就活

エーちゃんはいくら優等生とはいえ、高校一年の時の杓子定規な感じだと、社会に出てから厳しいかもしれないなと思っていましたが、テニスを経験していい感じにこなれましたね。

就職活動したら、ほぼ受かるんじゃないかって感じのオーラを出しています。

 

高校生、大学生にもこの部分だけでも読んでもらって、就活の参考にしてもらいたいなと思います。笑

 







 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。