STCの仲間たち(人物紹介)

Pocket

えーちゃんこと、丸尾栄一郎と、周りを賑わすSTCの仲間たちを紹介していきます。

※STC=南テニスクラブ(SouthTennisuClub)

ネタバレを含みますので、注意してください。

 


スポンサードリンク







 

丸尾栄一郎

勝つ為のパターンを考え続けるメンタルと優れた視力が武器のオールラウンダー。

使用ラケットメーカー:prince(プリンス)

着用ウェア:エレッセ

今作の主人公。

完璧主義の優等生。小学生のころから成績は常にオールAだったことから、周囲からは”えーちゃん”と呼ばれている。教師からも生徒会を進められるほど信頼が厚い。

ノートの取り方も完璧で、ヒロインの鷹崎ナツ曰く「ここまでくるとキモい」

中学生まで運動部などに所属していなかったが、高校進学を機に健康維持のためにスポーツをすることを考える。

最初はテニススクールに行く気はなかったが、母の強引なすすめで見学に行くことになった。

いいショットを打てたときの快感に目覚め、テニスの楽しさを感じる。

自分のスケジュールとの折り合いをつけ、限界まで努力するが壁にぶち当たり、苦悩することも多々ある。

それでも乗り越えていく内に、テニスの魅力に取りつかれ、ナツの幼馴染の池爽児の試合を見て、はっきりと「プロになりたい」と意識した。

両親にその想いを伝えるために資料を作り、プレゼンテーションするという普通とはちょっと違う感覚の持ち主。

「三年時の全日本ジュニア選手権で優勝できなければプロを諦める」という条件でテニスに専念させてもらう。

精神力が異常に強い。

途中でへこたれるような描写もあるものの、やっぱり

精神力が異常に強い。

周囲の人間から気に入られる人間性とキャラクターをしており、マイクやロニー、浅野、IMGスタッフなど様々な人物から好意的支援をしてもらっている。

ただ、天然の完璧主義なので、同級生などからはなかなか理解されないことも多かったようだ。

ナツとは性格が正反対ながら、互いに惹かれあい付き合い始めた。

お互いがいい影響を与え合う良きパートナーである。

ナツの姉曰く「カワイイ系」で、よくモテる

ナツを始め、佐々木さん、アキちゃん、マーシャと美少女ばかりをゲットしていきやがる。

上記の通り、上の人間に期待されることが多く、全日本コーチの浅野やデ杯日本代表の門馬や吉道などに目をかけられる描写がある。(吉道は気に入った人間をファーストネームで呼ぶ癖があり、試合後から「エーイチロー」と呼ばれるようになる。

海外のIMGアカデミー(旧フロリダテニスアカデミー)にテニス留学を2度経験。

連敗にモチベーションが下がることはあったが、違った環境に行くことによるホームシックにかかることは全くなく、テニス選手に必要な生活面の図太いメンタルを有していることがうかがえる。

2度目の留学では、スタッフとして仕事をしながらだったが、「ボールの管理がしっかりしている」と太鼓判を押されるなど、テニス以外の世界に行っても成功しているであろうことがうかがえる。

同年代の仲間とのつながりも強くなり、荒谷、難波江、井出、岡田、緒方、神田らと個人的な練習をすることもある。

タイプ的に似ているのは難波江、一番仲がいいのは荒谷?

歌が上手く、姿勢がいい。

 

鷹崎奈津

最高のメンタルを持ち合わせた感覚派テニスプレイヤー。

使用ラケットメーカー:prince(プリンス)

栄一郎と同じ高校に通う同学年の女の子。愛称はなっちゃん。

プロ志望であることは周囲には明かしていなかったが、栄一郎には自然に話す

神奈川では最強のジュニアプレイヤー。

全国日本ジュニアでは、ライバルの清水亜希に初勝利し優勝する。

高校やテニス会場ではその容姿から注目されることがあり、美少女であることがうかがえる。

えーちゃんのことは多分高一の時から好きだったのではなかろうか。

千葉県で開かれた関東ジュニア大会の日程中に海辺で告白、栄一郎と交際を開始する。

栄一郎を慕う亜希の気持ちに気付き、嫉妬する場面もある。

マーシャと戦ったらどうなるのだろうか?

悩む栄一郎にアドバイスをしたり、練習方法を提示したりと献身的なサポートをする姿から、後輩から「尽くすタイプ?」と思われる。

池爽児や江川逞とは幼馴染。呼び方は「そうちゃん」「タクマ」

卒業後の進路として、アメリカのジョージア大学への進学を選択。学業の傍ら、テニスに向き合う事を決意する。

 

江川逞

恵まれた身体能力と繊細なボールタッチを武器に戦う、日本最強のサービス&ボレーヤー。

使用ラケットメーカー:HEAD(ヘッド)

栄一郎と同じ高校の一つ年上の先輩。

テニスをしているタクマを知らない人からは、「怖い人」と言われる。

幼少時代からテニスを始め、その才能から将来を期待されていたが、池爽児に敗れたことから、一時的にテニスへの情熱を失う。

栄一郎と出会い、関わっていく中で、限界まで挑戦していない自分に気付く。

腐っていた時代も練習を続けていたサーブを武器に戦うことを決意し、飛躍する。

またテニスにおいても、恋愛においてもけっこうウジウジするタイプだが、そのことを自覚し戦うことで更にすっきりとした強さを身に付けた。

ナツの事は幼少時代から好きだったが、途中で現れた栄一郎にかっさらわれる。

池爽児とは幼少時からの因縁や敗北の経験もあり、複雑な想いを抱いているようだ。

二人とは幼馴染。

チャコとシロというハムスターを飼っている。だからというわけではないだろうが、猫は無視するタイプ。

 

深沢諭吉

栄一郎に刺激を受け、成長したテニスプレイヤー。

使用ラケットメーカー:YOMEX,Wilson,princeなど様々。

栄一郎とは違う高校に通う同年齢の友人。

主人公をサポートする解説キャラ。

栄一郎を「アニキ」と呼び、池爽児を「師匠」と呼ぶ。(自分と同じ地味系の栄一郎が、タクマに向かって言った姿に感動して)

容姿は地味だが、服は派手。

幼少期からテニスを教わっていて、県の大会でもシードに入る程度には強かったが、栄一郎と出会ってからはさらに飛躍した。

高校三年時の全日本ジュニアに出場し、栄一郎と公式戦で初対戦。

敗れたあと、激励の言葉を残す。

大林と同じ慶稜大学に進学。テニスを続けながら、コーチの勉強も始めた。

他人の色恋沙汰を察知するとブラック諭吉が現れる。

元日生まれ。

 

青井竜平

ケガに泣いたテニスプレイヤー。栄一郎を支えるコーチ。

三浦コーチの打診を受け、STCに加入したコーチ。

全日本優勝を目指す栄一郎を指導することになった。

元テニスプレイヤーで、故障により現役生活を断念。

デ杯代表の門馬や吉道とは同い年の顔馴染み。

現役最後の対戦相手は、後に栄一郎に目をかけるベテラン浅野だった。

全日本ジュニアの結果の呪縛から逃れられない栄一郎の精神的なサポートも果たす。

初期の頃は栄一郎に「なんでこの人俺をすぐ外に放り出すんだろう」と栄一郎に思われていたが、共に戦っていく内に強固な信頼関係が結ばれていく。

池爽児やナツ、タクマが幼少の頃からの知り合い。

 

三浦優作

栄一郎の才能を見抜き、道を示した名コーチ。

STCのコーチ。

青井が来るまで栄一郎やナツなどの指導をしていたが、タクマのプロ入り後は遠征について行く都合もあり、青井や榊原に指導を任せる。

いかつい顔をしており、池爽児には「ブルドック似」と言われる。

恵まれた才能を持ちながら、腐っているタクマに気を揉んでいたが、復帰し飛躍する姿を見て、涙ぐむ場面もある。

二児の父。

 

池爽児(モデル:錦織圭)

攻撃的なプレイスタイルの日本最強テニスプレイヤー。

使用ラケット:Wilson(ウィルソン)

元STC所属。現在はIMGテニスアカデミーに所属している。

幼少期にSTCでテニスを始める。

急激に頭角を現し、海外に拠点を移すことを決意。

日本に寄った際には、STCを訪れ練習していく事もある。

ナツやタクマとは幼馴染。

栄一郎とナツをからかったりもする。

 

森本コーチ

栄一郎が初めてSTCを訪れた時に対応したコーチ。

ユウキの海外遠征裏話や栄一郎との取引などこそこそ話をするシーンが多い。

家族は母のみのため、父とはすでに死別しているかもしれない。

榊原コーチ

ナツの指導を担当する元プロのコーチ。

青井と協力して、栄一郎との試合を組んだこともある。

彼氏と同居中。

 

高坂明子

使用ラケット:BabolaT(バボラ)

女子ジュニア。

ナツが中城めぐみと対戦し、ピンチに陥っている際には「ナツなら大丈夫」と信頼を寄せる。

関東ジュニアの宿泊先でナツがオリジナルソングを歌っていた時は引いていた。

 

横山花

使用ラケット:BabolaT(バボラ)

大人しめの女子選手。愛称は「花ちゃん」

関東大会常連として周囲に一目置かれる存在。

 

槇原真純

使用ラケット:YONEX(ヨネックス)

明るい性格の女子選手。愛称は「純」

関東大会の常連。

 

田島勇樹

使用ラケットメーカー:prince(プリンス)

神奈川県ジュニアテニス選手権12歳以下の部では第一シード。

フロリダへの留学経験もあるが、ホームシックにかかった。

 


スポンサードリンク







 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。