水分補給はとっても大事! 水を飲むことのメリット!

Pocket

水分補給で健康になろう!

今回は水を飲むことのメリットをご初回します。

下のほうの水を飲む際の注意事項にも是非目を通してください。


スポンサードリンク



 

①水分のバランスを保つ

人間の体の60%は水で出来ていることをご存知ですか?

また、その水分を1パーセント失うと、運動能力の低下を引き起こし、だんだんと症状が悪化していき、5パーセント程失った時には、意識がもうろうとしてしまったり、嘔吐してしまったりします。

人間にとって水分補給はとっても大事なことなんですね。

 

②頭痛に対抗

頭痛の原因はいろいろありますが、実は水分不足が原因の場合が多いのです。

水分が足りないと血行不良になり、血液が脳にスムーズに行き届かず、頭痛を引き起こします。

「喉が渇いた」と思ってから飲んでも、体内に水分がいきわたるには時間差がありますので、喉が渇く前に自分から、飲むようにするなどの工夫が必要になってきます。

③体内の毒素とさようなら

人間の内臓の「腎臓」は体の中の毒素を排出してくれる働きがあります。

ただし、正常に毒素を排出するためには、十分な水分が必要不可欠です。水分が足りないときは、尿の色が濃くなったり嫌なにおいがするようになります。もしそうなったときには十分な水分補給を心がけてください。

水分を十分に補いきちんと排尿を済ませることは、膀胱炎の予防にもなります。

④便秘よサラバ

胃や小腸や大腸などがスムーズに働くように促すためには、水分が必要不可欠です。

水分が足りないときには、体は必要な水分を尿や便から取り入れていきます。そうなると結果として、便が固くなり、便秘につながります。

適度な運動と、十分な水分補給に食物繊維によって、便秘を克服しましょう。

⑤心臓の助けになります

水分が足りないと血行不良になります。そうなるともちろん血液は全身を駆け巡りにくくなりますね。

でも、血液を巡らせないと、死んでしまいます。

そんなとき、一生懸命頑張ってくれるのが心臓です。

せっせ、せっせと働いてくれますが、過重労働を強いられ続けた心臓君はストライキをおこし、働かなくなります。つまり昇天します。水を飲んで体内のブラック企業化を防ぎましょう。

水分補給がしっかりとされていると心疾患を起こす可能性がかなり下がります。

⑥風邪をやっつけてしまいましょう!

冬の時期には、毎年のように大流行するインフルエンザや風邪ウイルス。水を飲むことでかなりの予防になりますよ。

鼻やのどには線毛という細かい毛がはえています。これがインフルエンザを外へ外へと押し出してくれるのですが、水分が不足した状態ですとこの線毛の働きが弱まってしまいます。

また、乾燥していると、風邪から守ってくれる、粘膜が薄くなり、ウイルスが付き放題になってしまいます。

体温を上げる事と合わせて、水分補給もしっかりと行い、風邪の予防に努めましょう。

 

水を飲むときの注意点


スポンサードリンク




人間は一日に2~2,5ℓほどの水分補給をする必要があるとされています。

食事などから1リットルほど摂取できますので、その他を直接飲んで補給する必要があります。

この時注意してほしいのは、人間が約一時間のうちに吸収できる水分は200~250mlほどと言われているので一気に摂取しても意味がない、という事です。

朝起きて、「今日の分飲むぞ」と言って、1リットルくらいごくごく飲んでも健康上の意味はあまりありません。

水分はこまめに飲むようにしましょう。

 

水中毒にはご注意を

水中毒と言う言葉を聞いたことがある方もいると思います。

人間は一気に水を大量に飲むことで、急性水中毒と言うものにかかる可能性があります。

実際に、水を大量に飲む大会で大量に飲み過ぎてお亡くなりになった方もいるようです。

人間の体の中の水はナトリウムが溶けだしています。しかし、一度に大量に水を飲んでしまうと、このナトリウム濃度はさがってしまい、「低ナトリウム血症」という症状を引き起こします。

これを避けるために、暑い日は塩を一舐めして水分補給しようとか、体内に吸収されやすいスポーツドリンクを飲もうとよく言われるわけです。

 

一般的な範囲内での水分補給ならこの症状になることはないかと思いますが、頭の片隅に置いておき、正しい水分補給を心がけましょう。

ではでは

 


スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。