心も体も元気に! ウォーキングのメリット

Pocket

歩いて健康になろう!

みなさん歩いていると、血流が良くなるのを感じますか?

汗腺がしっかり開き、老廃物を出そうしてくれるのを感じますか?

運動によって作られる健康は極上のものです。

それでは、ウォーキングのメリットをご紹介します。


スポンサードリンク



 

 

 

ウォーキングのメリット

①膝に優しく脂肪燃焼。

痩せるために運動しよう!と決心する多くの人が取り組むジョギングやランニング。しかし、普段運動をしていない人がいきなり走ると、膝を痛めてしまったり、疲れてしまったりして長続きしないことが多いです。

走ると、体重の約3倍の衝撃が加わると言います。

ハッスルしすぎると、ひざが爆発してしまいますので焦らずに行きましょう。

ウォーキングは膝への負担も少なく、じっくりと体の筋肉をほぐしていくので、体の故障の心配は少ないです。

また、一度体を動かして、脂肪を使うスイッチが入ればその日一日、脂肪が普段より燃焼されるようになるでしょう。

②有酸素で脳も活き活き

運動をするという事は、血液が酸素を必要とするようになり、自然と心肺機能を鍛えることにつながります。

新鮮な空気を取り入れることで、脳みそにも酸素がいきわたり、脳みそもウキウキでしょう。

激しく動きすぎると、酸素が足りなくなってしまい、軽い酸欠状態になってしまうこともあるかもしれませんが、ゆっくり動くウォーキングなら、十分な酸素が脳みそに供給され、脳が冴えてくるでしょう。

③血行が良くなり、肌にもいい。

ふくらはぎは「第二の心臓」とも言われている筋肉です。歩いていると、その筋肉がリズムよく刺激され続け、ポンプの役割を果たし、血液の流れをよくしてくれます。

血液がしっかりと循環されれば、体にたまった老廃物を押し流す働きもしてくれるので、ニキビや肌荒れのぼうしにつながります。

 

ウォーキングにおすすめの時間帯

ウォーキングに一番おすすめなのは朝の時間帯です。

朝の日の光を浴びながらのウォーキングはセロトニンも大量に出て、やる気満々で一日のスタートを切ることが出来るでしょう。

また、歩くことで脂肪燃焼のスイッチも入りますので、朝のタイミングが脂肪燃焼に最も効果的だと言えるでしょう。

とはいえ続けることが一番大事ですので、自分がつづけやすい時間帯を見つけてみてください。

 

 

 


スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。