老廃物を追い出そう! 汗をかくことのメリット

Pocket

汗を出して健康になろう!

暑いときや運動した時などに出てくる汗。

人間の体にとって、大切な発汗のメリットをあげていきます。


スポンサードリンク




 

 

汗は汗腺を通って体の外に排出されます。

汗腺はエクリン線アポクリン線があります。

エクリン線

エクリン線から出てくる汗は、ほとんどが水分で、残りの1パーセント程が塩分です。

サラサラで肌を弱酸性に保ち、肌を守る効果があります。

アポクリン線

アポクリン線から出てくる汗には脂肪分やアンモニア、尿素などが含まれていて、エクリン線の汗と比べてどろどろしています。

また、エクリン線の汗と混ざることで匂いを発します。

 

二つの汗腺から出てくる汗の特徴を知った所で発汗のメリットを知りましょう。

汗をかくメリット

①体温調節の役割

運動や気温の上昇などにより体温が高くなると、汗をかきますね。

この時、汗が肌の上で蒸発する事により、その気化熱で体温が下がっていきます。

暑いときにクーラーばかりに頼っていると、汗をかいて体温を下げる働きが弱ってしまいますので気をつけましょう。

②体内から毒素を排出

デトックスと言う言葉を聞いたことがある方もいると思います。体内の毒素を排出して体の中から綺麗になろうというものですね。

特に、アポクリン線から出てくる汗には、老廃物が含まれていますので、しっかりと汗をかくことでまさにデトックス効果が期待できるのです。

この時注意しなければいけないのは、汗を流すときジワジワと時間をかけて汗を流すことが大切だという事です。

よく推奨されているのが、半身浴や30分以上のウォーキングなどで汗をかく事です。

 

 

★汗をかくとき気をつけたい事


スポンサードリンク



①水分補給

人間は体重の1パーセントの水分を失ったあたりから、身体に異変が起き始め、約5パーセントの水分を失うと、意識障害や吐き気などの症状が出てきてしまいます。

1パーセントは体重60㎏の場合、水600mlですね。汗や尿の排出などにより、気付かないうちに水分は失われてしまうので、こまめに水分補給をするようにしましょう。

「喉が渇いた」と思ってからでは、すでに脱水の症状が表れ始めていますので、のどが渇く前に取るようにしましょう。

また、汗と共に塩分も消費されていますので、食事と共に水分を取るか、塩を人なめして、水分補給をするのもいいと思います。

市販されているスポーツドリンクは、スポーツをたっぷりとやった後にはちょうどいいのですが、そうでないときには糖分が多いので、薄めた方がいいでしょう。

 

★よく運動をする人は汗がサラサラ?

エクリン線から出る汗はサラサラだと一番上で書きましたが、普段あまり汗をかいていない人はどろどろした汗になってしまう事があります。

それは汗腺が衰えているからです。

本来汗を出す際には、ミネラルは血液に再度吸収され、ほとんど水分のだけが出てくるはずなのですが、機能が衰えている人はミネラルまで一緒に出してしまい、べたべたした汗になってしまうのです。

★でも汗は出したくないという人へ

汗は体温上昇と共に出てきて、蒸発することで体温を下げてくれると書きましたね。

いい汗→サラサラしていて、少しの量で蒸発して体温が下がる。

悪い汗→ベタベタしていて、蒸発にはたくさんの量が必要。しかも臭い。

何が言いたいかというと、普段汗をかかずに汗腺が衰えている人は悪い汗を無駄に出しまくってしまうという事です。

良い汗をかく人は少しの汗で体温を下げられるのです。

なので

汗をかきたくなかったら汗をかいてください

という事です。

 

良い汗をかいて、健康になりましょう!

ではでは。


スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。