免疫力爆上げ!? 体温を上げるメリットと方法

Pocket

体温を上げて健康になろう!

皆さんの平熱はいくつですか?

最近、体が冷えっぱなしなんてことありませんか?

今回は体温を上げることで得られる健康効果をご紹介します。


スポンサードリンク



 

 

 

①免疫力アップ!

体温が1度下がると、免疫力は30パーセント低下すると言われています。

人間風邪をひくと、熱を出しますよね。あれは、風邪などのウイルスが体に侵入してきたときに、それをやっつけるために、脳が体に指示を出し、筋肉を震えさせたり、汗腺を閉じたりして、体温を上げるようにしているためです。

体温が上がれば、白血球の働きは促進され、同時に免疫力も上がるのです。

また、ガン細胞は35度付近で最も繁殖しやすいと言われているので、体温をあまり下げすぎないことはガンの予防にもなるのです。

②お肌によろしい!

体温が低いという事は、血行が悪くなっているという事でもあります。

血行が悪いと、体内の老廃物も溜まってしまい、便秘や頭痛や生理痛などの症状も現れ、それに伴い、ニキビや肌荒れなどとして身体に出てきてしまいます。

体温を上げるという事は、前段階として、血行を良くするという事でもあります。

血行をよくして、これらの健康効果を手にしましょう。

③太りにくくなる。

体温が1度上がると基礎代謝が10~15パーセントほども上がります

つまり、カロリーをしっかりと消化して、元気に動くためのエネルギーにしてくれるため、太りにくい体質になるのです。

体温を上げるには?


スポンサードリンク



①食事に気をつける。

栄養をバランスを考えて、しっかりと、食費を取ることはもちろん大切ですが、特に意識すべき栄養素を紹介します。

・ビタミンC……毛細血管の機能を維持しし、鉄分の吸収を助けます。

・ビタミンE……血管を広げて、血行をよくしてくれます。

 

体温を上げる食べ物

ねぎ 玉ねぎ ニラ ニンニク かぼちゃ しょうが ピーマン ごま ブロッコリー 唐辛子など

体温を下げる食べ物

きゅうり とまと なす レタス ほうれん草など

 

②なんだかんだいってやっぱり運動が大切

筋肉が付けば基礎代謝があがり、体温も上がって行きます。

特に、足のふくらはぎの筋肉はポンプのように血液を送り出す力が強く『第二の心臓』とも呼ばれていますから、刺激を与えてあげれば血行が良くなることは間違いありません

また、あまり強度は高くなくていいので、ゆっくりと長い時間歩いたりジョギングしたりすれば、手足の末端の毛細血管が発達し、血行が良くなり、体温も上昇していくでしょう。

 

いかがでしたか?

皆さんも体温を上げて健康的な体を手に入れましょう!

ではでは

 


スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。