懸垂は生きる力を伸ばす!? 懸垂のメリットや効果をご紹介

Pocket

ぶら下がる棒さえあれば気軽にできる懸垂。

その懸垂には筋力アップだけではない健康効果がたくさんあります。

 

スポンサーリンク





1、姿勢が良くなる

懸垂をすると姿勢が良くなります。

背すじがピーンと伸びます。

理由は姿勢を保つのに必要な筋肉が一気に鍛えられるからです。

具体的に言うと、背筋や腹筋ですね。

 

普段、机に向かって作業をしている人は猫背になっていませんか?

なっていなかったとしても、パソコンを覗き込むために首が前かがみになっていませんか?

懸垂をすると肩周りの筋肉も鍛えられるので一気に姿勢をよくしてくれます。

 

姿勢が悪い事のデメリットはたくさんありますね。

呼吸があさくなり、集中力が減る、だらしない印象を与える、お腹が餓鬼のように出っ張る、などなど悪いことだらけです。

猫背を治そうと思って、普段気を付けていてもいつの間にかに猫背になってしまっている事ってありますよね。

そんな人は懸垂をして、一気に改善させようと頑張ってみてはどうでしょうか?

 

2、気分が良くなる

身体を動かすのはとても気持ちいい事です。

なぜなら、筋肉を動かすとやる気物質のセロトニンが大量に分泌されるからです。

しかも懸垂は色々な種類のたくさんの筋肉を動かすため、局所的な筋トレに比べても大量のセロトニンが出ます。

 

セロトニンが分泌されていると、夜になってからメラトニンという人を眠りへと誘う物質が分泌されます。

つまり懸垂をして体を動かすと夜中にはぐっすり眠れる可能性がアップするという事です。

 

3、一度にたくさんの筋肉を鍛えられる

懸垂をすると背筋や腹筋、肩周りの筋肉やお尻、腕など様々な筋肉を鍛えることが出来ます。

筋トレをしている人というのはベンチプレスやスクワットなど押す動作ばかりしてしまいがちです。

懸垂は体を引き寄せる動作なのでいつもと違う筋肉を鍛えることが出来ます。

また、一か所の筋肉を鍛えるのとは違い、全身の筋肉を協力させて力を出すので、体のバランスを整える効果もあります。

 

また、握力強化にも大変すばらしい効果を発揮します。

握力はやる気や健康年齢にも関係していることが昨今の研究でわかっていますので、握力を含めた全身の筋力を鍛えることは、心も体も健康に保つ事に役立ちます。

 

 

懸垂が出来ない人へ

懸垂が出来ない人は、最初にまず台などに登っていいので、腕を曲げた状態で鉄棒にぶらさがってください。

でそのままの状態で耐えて下さい。

余裕があるならゆっくり身体を降ろしてみてください。

それだけで懸垂をする筋肉が鍛えられます。

 

それもできない人は単純に体重が重いのかもしれません。

 

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。