太陽の光でやる気満々!日光浴の大切さとその効果を4つ紹介。

Pocket

日の光で健康になろう!

日光浴のメリット4選

 


スポンサードリンク




 

①やる気が出る

②骨が丈夫になる。

③病気に強い体になる。

④夜、ぐっすりと眠れるようになる。

 

こうして並べてみると嬉しい効果がたくさんありますね!

では1つずつ詳しく触れてみましょう。

 

①やる気が出る

太陽の光を浴びるとなぜやる気が出るのでしょうか?

それは、セロトニンと呼ばれる神経伝達物質が体内で生成されるからです。

セロトニンは、ノルアドレナリンやドーパミンなどと並んで三大神経伝達物質と呼ばれています。

そして、精神の安定感や安心感を感じる力にも関係する事から幸せホルモンとも呼ばれています。

セロトニンが不足してしまうと、ボーっとしてしまったり、うつ病や不眠症の原因になったりもするので、太陽の光を浴びて、セロトニンの生成を促すことは、とても大切な事なのです。

 

②骨が丈夫になる。

太陽の光を浴びると、体内でビタミンDが生成されます。しかも1日に必要な量の半分ほども作られるのです。

ビタミンDは、健康な歯や骨を作るのに欠かせないビタミンです。

カルシウムを骨に定着させる助けもしてくれます。

新しい肌細胞を成長させる効果もあるので、美肌効果まで期待できるのです。

 

③病気に強い体になる。

日光を浴びると、血管が広がり、血圧が下がります

そして、体内で作られたビタミンDが免疫細胞を強化し、病原体から身を守る力を高めてくれます。

また、ビタミンDの生成により、骨粗しょう症や、糖尿病などにかかる可能性を下げてくれます


スポンサードリンク



 

④夜、ぐっすりと眠れるようになる。

朝、太陽光を浴びる事で、脳や体内の活動が活発になり、気持ちよく1日をスタートさせる事が出来ます。日の光には体内時計を整える働きもあるのです。

なぜ、夜ぐっすりと眠れるようになるのでしょうか?

それは、睡眠ホルモン、メラトニンが夜に近づくと分泌され始めるためです。

そして、太陽の光を浴びると生成されるセロトニンは、このメラトニンの分泌を助ける働きがあるのです。

なので、朝起きて太陽の光を浴びると、すっきり目覚めて、夜ぐっすりと眠るための体の準備を整えてくれるのです。

 

いかがですか、日の光の効果が分かって頂けたでしょうか。

どれくらい、日光に当たればいいのか?と思った方もいるかもしれませんね。

天気によっても変わってきますが、一日に15分、外に出ていればこれらの効果はでてきます。また、太陽の真下でなく、日陰であっても少し時間を長めにすれば同じような効果が得られます。

★デメリットは無いのか?

太陽光と言うと、シミやそばかす、更には、皮膚ガンなどを思い浮かべ、不安に思う方もいるかもしれません。

たしかに、一日中ずっと日の光を浴びる生活を長年にわたって行っていれば、そのような危険は増していくでしょう。

しかし、日光に全く当たらない生活でも体調を崩す可能性はあるのです。

 

健康になりたいときには、0か100かの極端な考え方になるのではなく、ほどほどに良い要素を取り入れていく、というスタンスの方が長続きするのかもしれませんね。


スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。