株やFXで借金する仕組み

Pocket

「株で借金した」

「FXで失敗して首をくくった」

なんて話を耳にしますね。

では、なぜ株取引が借金につながるのか、わかりやすい【例】をあげて説明します。

 


スポンサードリンク







 

株の種類

株取引には、『現物取引』『信用取引』があります。

このうち、株取引で借金が出来る可能性があるのは『信用取引』の方です。

どうやって借金が出来るのか【例】を見てみましょう。

 

現物取引では借金の危険はない?

現物取引は、自分が払える範囲内で株を購入するものです。

最悪、株の価値がなくなっても、損をするのは払った分までで、借金をするわけではありません。

【例】

一株1000円の物を、10000株買ったとします。

1000円×10000株=10000000(1千万)円ですね。

株を発行している会社の業績が悪化して、1株が300円に下がったとします。

300円×10000株=3000000(300万)円ですね。

700万円分損はしましたが、借金をしたわけではありません。

 

信用取引では借金の危険がある

信用取引は自分が持っている以上のお金で、株を購入する方法です。

つまり、お金を借りて株取引をするのです。

元の金額の大体、三倍の金額で取引が出来ます。。(100万円出せば、300万円の取引が出来る)

【例】

一株1000円のものを10000株買おうと思いました。

でも、あなたは「この株は絶対上がる!!」と思い、信用取引をすることにして、

一株1000円のものを30000株買う事にしました。

1000円×30000株=3000万円(あなたは1000万円出して、2000万円を借り入れました)

株を発行している会社の業績が悪くなって、1株300円になったとします。

300円×30000株=900万

2100万円損しましたが、あなたが出したのは1000万円です。

残りの1100万円は借金です。

これが、借金の仕組みですが、もう一つのパターンあります。

 

信用取引は先に売ることが出来る

商品を安いときに買って→商品を高いときに売る。その差額で儲けるのが株です。

信用取引では、この逆が出来ます。

つまり、売ってから買う。これが出来るのです。

持ってない株でも売れるんです。

このテクニックは「あの株は今は高いけどこれから安くなりそうだぞ」ってときに使います。

【幸せな例】

一株500円で、売りました。後で、一株300円で買い戻しました。

やったね、一株200円の儲けだぞ。

【不幸な例】

一株500円で、売りました。後で、一株1000円に買い戻しました。

うわぁ、一株500百円の損だぞ。

これが、借金が出来る第二パターンです。

 

得するまで、待てばいいんじゃないの?

自分が得する株価になるまで待てばいいんじゃないの?

それは出来ません。

信用取引は6か月以内に決済しないといけません。

つまり買ったら売る。売ったら買い戻す。これを6か月以内です。

 

信用取引で借りたお金には金利がかかる?

もちろん、ただで貸すわけじゃありません。

金利がかかります。

3パーセントくらいはかかります。

 

FXで借金が出来る理由。

信用取引では自分で用意した金額の約3倍の取引が出来ると言いました。

FXの場合は25倍の取引が出来ます。

100万円用意したら、2500万円の取引が出来ます。

その取引がパーになったら、2400万円の借金です。

 

ロスカットがあれば大丈夫?

ロスカットとは、「これ以上損するとまずい」って時に自動で決済してくれる仕組みの事です。

それなら損しないで済むかって言うとそんなこともないです。

値動きが急だと、ロスカットが間に合わずに、損が拡大することもあります。

それで、100万円の損ですみそうだったのが、1000千万円の損になったなんて言うのはよくあることです。

電車に飛び込む人のうち何人かはそんな人です。

 

株の現物取引でも気を付けて

現物なら取引自体では確かに借金をすることはありません。

ですが、熱くなってしまって消費者金融でお金を借りて、取引をして借金まみれと言う人もいますので引き際は見極めましょう。

当たり前ですが、全員が儲かるものではありません

ごく一部の猛烈に儲ける人と、

大勢のけっこう損する人です。

 


スポンサードリンク







 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。