『スーパーナチュラル』 シーズン1 第六話

Pocket

スーパーナチュラル

シーズン1

第六話:もう一人の自分

 
スポンサードリンク







 

チバネタバレ有の感想

冒頭は縛られた女性から

冒頭で早速女性が縛られています。

流血もあり、この女性が最初の犠牲者かと思いきや、警官隊が到着し助かりそうな雰囲気です。

犯人を窓際まで追い込みました。

これは警官がやられてしまう流れかなと思いきや、犯人の顔が浮かび上がってビックリ。

お前ディーンじゃん

タイトル的に考えると、ディーンか、この女性が偽物なのだなという事が分かります。

まぁその出来事の1週間前に場面は戻ります。

どうしてこんな状況になったのかが分かるみたいですね。

その1週間前

サムの友人から連絡が入ります。

共通の友達の兄が殺人事件を起こし、捕まったとの事です。

心配になり、レベッカというその友達のもとに向かうサム。(とおまけでディーン)

レベッカの話を聞くと、事件の合った時確かに監視カメラに兄の姿は映っていたが、兄は自分とその時間も酒を一緒に飲んでいたという。

この時点では、

ドッペルゲンガー的な話なのかな?

と思っていました。もう一人の自分が悪さをするってね。

ベッキーから監視カメラを見せてもらうと、兄貴の目が白いのを見つけます。

犯人は白目が得意・・・?

新たな犠牲者が

圧倒的に白目が得意そうな男が、夫婦を眺めています。

夫の出張を見送る妻を舌なめずりしそうな顔で眺めています。

怪しいです。

 

夫の出張がキャンセルになり、妻のもとに帰ると、異変が!

妻が椅子に縛られていました。

妻の口の布を外すと

「もうやめて・・・・・」と懇願されます。

ああ、そっくりさんがやったのね

犯人はシェイプシフター

この夫婦の事件を聞いて兄弟はピーンと来ます。

犯人は姿を変える能力を持つシェイプシフターである、と。

犯人の痕跡を追いますが途中で途切れます。

しかし、近くにマンホールが・・・

どうやら下水道に逃げ込んだようです。

下水道に潜入

下水道に潜入すると犯人の脱皮した後がありました。

気持ち悪い。

そして、姿を変えるたびにこんなに肉が落ちるってことは、何回か姿を変えたらもうヒョロヒョロになっちまうんじゃない蚊って事です。

まぁならないみたいです。

で、地下で犯人を見つけます。

拳銃をぶっ放しますが、こういう時の銃はもちろん当たりません。

ディーンお前ちょっと違くね

ディーンの様子がおかしいので、サムがひっかけ問題を出します。

「親父は前にシェイプシフターに出くわしたよな?」

「あれは、結局心霊現象だったろ」

が、ディーン(偽)これを華麗に回避。

もしかして本物?

しかし、銃を向けるサム。

ケガをした方の腕で物を受け取ったのできづきました。

が、絶対的な確信が持てなかったのか、隙をつかれ気絶させられてしまいます。

偽ディーン出陣

サムを縛ると、語り出す偽ディーン。

「ずいぶんとひどい人生を送っているな」

どうやら、なり替わっている人間の記憶まで読めるようです。

それ、すごくね?

大統領とかになったら機密盗み放題じゃん。

で、色々と話し終えると偽ディーンはレベッカのもとに向かいました。

レベッカといい感じになりながらも拒否られる偽ディーン

いい感じでしたが、耳元で何かを囁き、

何言ってんだこの変態って感じで、警察を呼ばれそうになります。

しかし、縛られるレベッカ。

絶体絶命のピンチでしたが、ここで冒頭のシーンに戻り、警官隊に助けてもらいました。

警官隊がバンバン銃を撃ちましたが当たりません。

なぜなら、ドラマ的バリアが貼られていたからです。

犯人として似顔絵が出てしまうディーン

下水道から抜け出したディーン達でしたが、ニュースにはディーンの似顔絵が・・・・・・。

犯人として指名手配されてしまいました。

警察に囲まれてしまいましたが、レベッカの家で待ち合わせをすることにして、二人は別れました。

レベッカと会話するサム

あんなことがあったばかりなのにやけに冷静なレベッカだなと思っていたら、どうやら今度はレベッカが偽物だったようです。

死にそうになるサム。

危機一髪のところでディーンが参上し、やっつけてくれました。

レベッカも目の前で怪異を見たので信じてくれめでたしめでたしです。

彼女の兄も偽ディーンが犯人という事で落ち着きそうでした。

でも、途中で捕まっちゃった旦那さんは冤罪かけられたまんまなのかなぁと少し気になりました。

 

 
スポンサードリンク







 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。