こち亀、40年の歴史に幕

Pocket

『こち亀』の名前で親しまれている週刊少年ジャンプで連載中の『こちら葛飾区亀有公園前派出所(作者:秋本治)』が2016年9月17日発売ジャンプにて、最終回を迎えることが発表された。

この作品は、アニメ化や舞台化、ドラマ化までされている長寿作品だ。100巻到達した際にはニュースなどでも取り上げられていた(実はミナミの帝王の方が100巻到達は早い。メディアへの露出が多いのは出版元の集英社の宣伝力だろうか)。当然この最終回に関しても様々なメディアで取り上げられている。

こちら葛飾区亀有公園前派出所というタイトルを噛みまくっているアナウンサーもいて微笑ましかった。気になる方は調べてみるといいだろう。

 

長期連載の中で、登場人物にもたくさんの変化が見られた。拳銃をぶっ放すために警官になった男が常識人になるものの作者が思い出したようにぶっ壊れキャラになったり、主人公に思いを寄せるオカマキャラ(今、こう表現すると叩かれるか?)が本当に女になったりと、初期と後期で全く違うキャラクターになっている事もあった。いなくなったキャラクターもいた。日暮はオリンピックなのに出てこなかった。

 

長期連載していると何でもアリになって来るのか、現代の現実にある場所を舞台にしているものの、神さまや仏様が出てきたり、宇宙人が出てきたり、マンネリ回避の為か人形になったり……無茶なことはたくさんしていたがそれでも世界観が変わらず、ちゃんとこち亀をしていたのだからやっぱりこの漫画は特別なものだったのだと思う。

 

それが終わってしまうのはやはり残念だが、作者の秋本氏も現在63歳である。40周年で200巻到達というのはちょうどいい引き際なのかもしれない。単行本の方もそうなるように調節していたのだろう。

 

両津の声を務めたラサール石井氏は感慨深いものがあるかもしれない、キャラクターにマッチした人選であった。ドラマで両津役を務めた香取氏は今それどころじゃないかもしれない。

 

17日発売の週刊少年ジャンプはいつもより売り上げは確実に伸びるだろう。もう買わなくなった人々も「惜別」と「はなむけ」の意を持ってジャンプを手にレジへと進むのではないだろうか。売り上げの発表が楽しみだ。ハンターハンターも同時に掲載すれば、ジャンプ全盛期並みの売り上げになるのではなかろうか。富樫氏に期待する(無理だろう)。

もう少し早く発表していれば、先日発売された、こち亀だらけのジャンプもどきももっと売れたと思うのだが、まあそれはもろもろの事情があるのだろう。秋本氏もまだその時は決めていなかっとのかもしれないし。

 

こち亀がいなくなった後のジャンプはどうなるのだろうか?案外違和感なく感じられるのだろうか?今、連載している漫画を見ると、ごり押しという単語を思い浮かべるような漫画がいくつか見られるが、年を取って感性が合わなくなってしまっただけかもしれない。面白さを理解できないものをごり押しと断じるのはよくない。よくない、がつい本音が出る。つまらん。でも少年たちには人気があるのだろう。週刊おっさんジャンプの刊行を求む。

 

今日は日曜。明日はジャンプの発売日。もうすぐ転校するって聞かされたクラスメイトの顔を見るときの「お前、ホントかよ……」というそわそわした視線のようなものが、雑誌コーナーの一角に降り注ぐのだろうか。40年間ただの一度も休載をしていなかった漫画が終わる。社長、ねぎらいの言葉と皆勤賞をあげてくれ。こち亀の初代編集者であるあなたほどふさわしい人はいないだろう。

 

ではでは


スポンサードリンク




【助さん】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。