任天堂法務部 動く マリカー訴訟

Pocket

任天堂が「株式会社マリカー」を訴えた。

株式会社マリカーとは?

まず初めに言っておかなければいけない事は、株式会社マリカーと任天堂は全くの別会社であり、無関係だという事だ。

事業内容としては、マリオカートを模した四輪車のレンタル会社である。しかも、任天堂や海外のアメコミのコスプレの貸し出しも行っている。その上店内にはマリオの置物まである。

何も知らない人から見たら、「任天堂と業務提携しているのかな?」と感じても無理のない業務内容だ。

しかし、実態としては、任天堂の著作物を無断で利用し、利益を上げている。

再三の警告に対しても、内容の改善が見られなかったため、今回の訴訟に至ったというのが、任天堂の声明だ。

 


スポンサードリンク







 

何が問題なのか?

まず、著作物を無断で使用する事。これは当然、著作権の侵害に当たる。

 

その上、この株式会社マリカーは「マリカー」「マリオカート」といった言葉や、マリオ、ルイージ、ワリオ、ワルイージなどの帽子のイラストを商標登録していたのだ。盗人猛々しいとはこの事である。

以前、ピコ太郎の「PPAP」の商標登録をして儲けようとした赤の他人がいるが、全く同じ事をしているのである。

そして、一般社会に与える影響としても、マリオカートを模倣したカートで都内を走って事故を起こしたとしたら、どこに苦情がいくだろうか? そう、任天堂であろう。そして、別会社だとしても何の対策もとっていなかったとして、任天堂に責任を求める声も挙がるだろう。

それを予防する意味での訴訟でもあったのだろう。

株式会社マリカー側の反応は?

「任天堂の担当者様と協議及び情報交換も行い、私たちのサービスに理解を示す発言も得られていました」と釈明。

「公道カートレンタル事業者の中には、任天堂の許可無く勝手に模造された衣装を販売、レンタルしているなどの悪意のある業者もあり、任天堂様と協力してそのような事業者がなくなるように対応していこう協議した矢先のこと」という反応をしている。

↑実際にどんなやり取りがされたのかの予想。

〇「私達の事業の理解を示す発言」

→任天堂「レンタルカートって楽しそうだよね。でも著作物使うのはやめてね」

〇「任天堂の許可なく勝手に模造された衣装を販売、レンタルしている悪意のある業者」

→任天堂「あんたの会社の事だぞ。もうやめろよ」

〇「協力してそのような業者がなくなるように」

→任天堂「著作権侵害やめてね」

マリカー「そうですよね、そういう会社って嫌ですよね。無くしていきましょう(自分が言われていることに気づかない)」

 

上のような会話があったのではないでしょうか?

人間は、自分の都合のいいように物事を解釈するように脳みそが出来ているので。

とはいえ、実際にどんなやり取りがあったかはわかりません。

もっとうがった見方をすれば、マリカーが屁理屈を付けて、言われたことの解釈をゆがめたのだと思います。

よく思春期の中学生が先生に言われたことを屁理屈付けて、自分の都合のいいように言って「だって先生が〇〇って言ってたも~ん」って言っている感じだと思います。

そもそも企業を立ち上げるのなら。

著作権を侵害してはいけないのは当たり前の知識です。

知らなかったでは済まされません。

また、お客さんが楽しそうだから自分達は何をしてもいいという事ではないのです。

警告してくれただけありがたい事だったのに、それを無視して事を大きくしてしまったなという感じです。

正直、任天堂というブランドを使って荒稼ぎして、賠償金1000万円というのは、かなり、手加減してもらっているので、ここら辺で払って、事業内容を見直した方が利口だと思います。

まだ、抵抗して裁判に臨もうものなら、裁判費用も次々かさみ、賠償額も増えていき、億以上の賠償金を支払わなければいけない可能性も十分にあります。

ルールを無視して儲ければ、必ずしっぺ返しを食らうという事です。

 


スポンサードリンク







 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。