M-1グランプリ2016を見た感想

Pocket

M-1グランプリ2016を見ました。

久しぶりに見ましたM-1グランプリ!

何故かわからないけど、笑い飯が優勝した時が最後だと思っていたので、あっまだやってたんだなと思いました。

で、前回の優勝者が「齋藤さんだぞ」でおなじみの、トレンディエンジェルだったとのことなので、あんまり期待していませんでした。

もう年取ってくると、悲しい事に面白いと感じる感性が衰えてしまっていて、「ああ、トレンディエンジェルか・・・きっと面白いんだろうけど、もうおじさんだからか面白く感じない」と思っていました。

だから、今回のM-1もそんなに面白く感じないかなぁと思いましたが、そんなことはなく。

とても楽しめました。
スポンサードリンク







決勝に残ったのは?

(結果も書くので見たくない方は気を付けてください)

決勝には三組残ることが出来ます。

残ったのは、銀しゃり、スーパーマラドーナ、和牛でした。

どんな内容だったかは、読んでいる人がもしかしたら、これから見て楽しみたいという方もいるので触れませんが、どれもとても楽しかったです。

結局優勝は、銀シャリでした。

私は、スーパーマラドーナが一番面白いと思っていたのですが、誰に票を入れようか考えているオール巨人さんが「漫才としての面白さもあるからね」と言っていたので、そんなもんなんだなと思いました。

確かに、スーパーマラドーナと和牛は動きが少し多めでした。

まぁ私はその二つの方が銀シャリよりも面白く感じましたが、銀シャリもとても面白かったです。

まぁ面白いと感じる基準は人それぞれな部分もありますからね。

審査員は誰?

ちなみに、

オール巨人さん、上沼さん、博多大吉さんの三人が『銀シャリ』に

中川家の礼二さんが『スーパーマラドーナ』に

松本さんが『和牛』に票を投じていました。

銀シャリはこてこての漫才なので、やはりこういった顔ぶれに選ばれたか、という印象を受けました。

スーパーマラドーナは役になり切る面白さがあったので、礼二さん好みだったのかもしれません。

和牛は、ガキ使にでてもおかしくなさそうな雰囲気だったので、松本さんの琴線に触れたのかもしれませんね。

個人的には、スーパーマラドーナの最初の漫才で「エレベーターの中の三人目が田中さんだった」、というところが面白いというより、うまいなと感心してしまいました。どんでん返し系の小説を呼んだような面白さがありました。

私自身、笑う事に関しての感性が年齢と共に変化し、以前は面白かったものがつまらなく感じたり、逆に、つまらないと思っていたものが楽しくなったりしています。

今回のM-1グランプリはとても面白く感じ、今まで見た中で(そんなにたくさん見ていないのですが)一番笑わせてもらえて、笑いの感性の変化の只中のちょうどいい時期に見られて、幸いでした。

優勝した、銀シャリさん含め、出場者の皆さん、たくさん笑わせてくれてありがとうございました。

(そういえば、今回のM-1には探偵ナイトスクープの探偵が三人も出ていて、それも面白かったです)

スポンサードリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。