DVDをたくさん借りようかな 

Pocket

先日の日記で、海外ドラマのスパルタカスのDVDを一気に見たことを書いたが、今度は久しぶりに海外の映画を何かしら見ようと思い、ゲオのDVDコーナーをうろうろと徘徊していた。
スポンサードリンク







DVDがなかなか決まらない

適当に面白そうな映画を探していたが、なかなか決まらない。

若い頃は、チラリと見てちょっとでも面白そうだと感じたら「見ておくか」ととりあえずレジに持って行っていたものだったが、仕事に就くと、何とかプライベートの時間を充実させようと、趣味も慎重になる。結果何もしなくなる。というか脳が衰えて優柔不断になったのだろうか

それではいかんと次に目についたDVDを借りることを決意し、棚の間を歩く。そして「これだ!」と手に取ったのは「クリード チャンプを継ぐ男」である。新作じゃないから七泊八日で100円。これは非常に大切な事である。

クリード チャンプを継ぐ男

ご存知の方も多いと思うが一応説明しておくと、この映画は「ロッキー」の物語の続きである。ロッキー役のシルベスタースタローンももちろん出てくる。

主人公はロッキーのライバル、アポロの忘れ形見である「アドニス」と言う青年だ。クリードというのはアポロの名字である。そして(宗教上の)信念や信条という意味もある。

昔のキャラクターも出て来て、ロッキーファンも楽しめる内容であるのだが、何しろロッキーを見たのが大分昔の事なので昔出演したかどうか忘れてしまっていた。

ロッキーの出番は?

ロッキーの出番はかなりある。思いっきりメインのキャラクターとして出てくるので、ロッキー映画を見てきたなら、この作品はより楽しめるつくりになっている。

ロッキーのあの練習も出てくるし、ロードワークに子ども達がついてくる演出を彷彿とさせるシーンも出てくる(こっちはちょっと世紀末チックではあるが)

で、結局見た感想は?

私は、映画を見て、ここが良かったあそこが良かったとあんまり詳しく分析して楽しみたいタイプではなく、ぼけーっと見て最終的にどう感じたかぐらいしか考えていないタイプなので(映画の評論家の方には怒られそうだが)簡単に感想を述べると面白かった。

日本映画だとロッキーがコーチについてくれるまでに9割くらい時間を使ってしまいそうだが、割とあっさりコーチについてくれるし、チャンピオンとすぐ戦えるし、展開が早い。そこがいい。

こちとら、そこまで多くない給料と少ない休暇から100円と2時間をひねり出して映画を見るわけだから、現実の世界みたいに遅々として現状が進まないドラマなど見たくないのだ。

そんなわけで展開がどんどん進んでいく映像で他人の人生を生き、またのんびりとした現実世界で汗水流して働くのがバランスがいいのだ。

久しぶりに映画を見たら、他にもDVDが見たくなったのでまたゲオに行こうと思う。面白い映画はないだろうか、ネットの海とゲオの棚の合間をさまよってみたいと思う。

スポンサードリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。