サッカー日本代表敗北

Pocket

サッカー負けてしまいましたね。

日本  VS  UAE

1 - 2

あのゴールが入っていたら、同点だったとに、という思いを抱いた方は多いでしょうね。

UAE側の記事でも、ありゃゴールだったろ、みたいな書かれ方をしているようですが、試合の結果が覆ることはありません。

最近では、様々なスポーツで「ビデオ判定」というものが導入されていますね。

テニスでは、納得が行かなければ、「チャレンジ」というシステムを使って、ビデオ判定を要求することが出来ます。(回数は限られていますが、本当に誤審だった場合は回数は減りません)

他にも、柔道やアメフト、バレーボール、レスリングなど、本当にたくさんの競技でビデオ判定は導入されています。

そもそも、伝統的な「大相撲」ですら、昔から「物言い」というシステムがあるのですから、納得がいかなければ抗議してやる!という気概は日本人にだってあったわけです。現在では、ビデオの導入もされていて、一瞬の勝負では人間の目では追い切れない部分を補助する役割もしています。

じゃあ、今回のサッカーの試合もビデオ判定があれば、結果が変わっていたのかというと、変わっていたのかもしれないし、変わらなかったかもしれない、たらればは意味がない、と言うしかないですね。

現時点の試合のルールではビデオ判定はない。審判の判定がすべて。それで負けたなら負け。そう言うことでしょう。

スポーツをやっていたことがある人なら、「ちょっと待ってくれよ!」と言いたくなるような誤審をされたことがある人もいると思います。それで負けたことがある人もいるかと思います。しかし、そういうのもすべて含めて試合なのだということを悟ったでしょう。

しかし、それじゃあしょうがないで終わらせていたら、いまのビデオ判定もなかったでしょう。

人間である以上、誤審は仕方がないかな、と思いますが、だったら補助的な意味で機械が使えるのなら使ってほしいよなと思いました。

すっきりした試合が見たいですね!

ではでは!


スポンサードリンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。