タバコ千円時代突入か?

Pocket

なんでも日記煙草についてのニュースをお伝えします。

タバコ一箱千円? 自民党議連が申し立て

時事通信によると、山東昭子元参院副議長が菅官房長官に受動喫煙防止対策として、たばこ税を増税し、一箱の値段を千円以上に引き上げるように申し入れたとのことです。

あくまで申し入れた段階なので、決定事項と言うわけではありません。しかし、よりいっそう禁煙分煙の波が大きく押し寄せてきているのを感じます。


スポンサードリンク



 

 

もういっそのことやめてしまえば?

禁煙の声が大きくなってきましたね。実際に煙草をやめたという方も多い事でしょう。東京オリンピックまでに実現するかはわかりませんが、タバコ代千円というのもそのうち実現する事でしょう。

吸っている人にとってはたまったものではないのでしょう。私は吸っていないので高くなろうが低くなろうがあまり関係ありません。ただ、タバコを吸っている人との商談は、その時相手が吸っていなくても結構臭いので、みんなタバコから手を引いてくれたらありがたいですね

もう依存症を発症してしまって吸わないときついからまだ吸っているのでしょうが、高くなるのなら、いっそのこと禁煙して止めてしまったらどうでしょうかね。御飯が美味しくなりますよ、たぶん。

将来はどのようにタバコと関わっているのか?

値段がだんだん高くなっていくと、きっと禁煙する人も増えていくのでしょうね。

お金持ちだけの趣味のようなものに変わっていくかもしれません。

家でしか吸わなくなり、「20年前は、道で吸ってた人もいたんだよ」なんて言うと、それを聞いていた子どもが「絶対嘘だ~!」なんてきゃっきゃうふふしてるかもしれません。

もし、完全禁煙になり、法で禁止され始めたりしたらどうなるでしょう。

今、世間を騒がせている大麻と同じような扱いになっていくのでしょうか。

「人気アイドルグループ一員、○○容疑者がタバコ吸引の容疑で逮捕されました」

なんてニュースのテロップに出てくる日もくるのかもしれませんね。

世間を騒がせている大麻

元女優の高樹沙耶さんも逮捕されましたね。

「安心安全」だとか「依存性は少ない」とか言ってましたが、法律で禁止されているにもかかわらず手を出したくなるくらいには依存性はあるみたいですね。

あのうつろげな表情も絶好の大麻根絶キャンペーンに使われていますね。私も大麻は別に必要ないと思います。逆に何故、今それがなくても社会が機能しているのに、わざわざ蔓延させようとしているのでしょうか。大手を振ってラりる目的があるとしか思えません。

何が危険かというと、依存性があるにもかかわらず、自宅などでも栽培しようと思えばできてしまえることです。

法律で禁止されていれば、栽培は止めておこうと思えるかもしれません。でも一回解禁されてしまえば、自宅でどこも簡単に栽培し始め、中学校や高校の昼休みに隠れて吸って、ァヘアへしながら授業を受ける生徒が確実に現れると思います。

以前you tubeかツイッターかに、子どもに煙草を吸わせる動画をアップしたバカがいましたが、それの大麻版がアップされる危険性があります。依存物質が簡単に手に入るというのは恐ろしい事です。

それは個人個人のモラルの問題なのではないかと思う方もいるでしょう。しかし、人間の行動はある程度環境に左右されてしまうものです。やっていいよと言われて、皆がやってるとなれば、流行ものに弱い人々はどんどん依存症になっていくでしょう。

日本人はよくも悪くも「みんなやってるよ」に弱い人が多いのです。

そして確実に大麻を入り口にして、いつの間にかに麻薬漬けにされて資金源にされる男性や、体を搾取される女性が出てくるでしょう。

「大麻と麻薬は違う」と言う人はいるかもしれません。しかし「大麻と変わらないよ」と言われて「あっそうなんだ」とあっさりひっかかってしまうおバカちゃんは確実にいるのです。

やらなくていいどころかやらない方がいい物をわざわざ解禁する必要もないでしょう。

依存物質は出来ることならとらない方がいいのは、世の中のアルコール中毒者や禁煙チャレンジャーが体を張って教えてくれています。

依存症にかかる人の共通点を教えましょう。

「私は大丈夫」と勘違いする思考です。

一回依存したら、しなくてもいい我慢を生涯していかなくてはいけない事を肝に銘じておきましょう。


スポンサードリンク



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。