広島東洋カープ優勝 25年振り7回目

Pocket

2016年9月10日広島東洋カープが25年ぶり7回目のリーグ優勝を達成した。

黒田、新井、男泣き、うれし泣き。

優勝が決まった瞬間、抱き合い泣いた男達がいた。黒田と新井である。黒田は20億の契約金を断り、ヤンキースからカープに、新井は阪神から移籍してきた。共に2015年の出来事だ。

ナインからの信頼も厚く、緒方監督の後、黒田、新井と次々胴上げされていた。

マエケンこと、前田健太投手も祝福。

メジャーで14勝目を挙げるなど大活躍中の前田健太投手であるが、カープの優勝が決まった10日の深夜にインスタグラムを更新。黒田投手の胴上げ写真をアップするのと一緒に祝福の言葉を綴った。

9年間の広島選手時代があるだけに、この優勝は遠く離れたアメリカの地であっても嬉しかっただろう。少しうらやましい気持ちもあったかもしれない。


スポンサードリンク



勝利の原因は前田放出にもある?

ポスティングシステムによってメジャーへと移籍した前田健太。入札金は2000万ドル(日本円でおよそ20億円)だった。この資金によって潤った広島は外国人選手獲得や、黒田投手の年棒アップにも応じることができ、戦力を上げることができた。

前田という守護神がいなくなったことは大きかったが、だからこそ広島の選手たちの発奮材料になったのかもしれない。

すれ違いのタイミングで優勝した広島を見て、うらやましい気持ちもあるだろうにその日のうちに祝福のコメントを出す前田健太。気持ちのいい男である。

広島は嬉しいぎこちなさ

球団の優勝につきものなのが優勝セールだが、25年ぶりの優勝とあって、どのようにしたらよいかわからず、に嬉しそうな困り顔を見せる、商店街の人々の姿が見られた。

例えば、イオンでは食料、衣料品など5~20%引きにしたり、コンビニで商品の一部を20円引きにしたりと、新聞での宣伝も行った。個人の店では「無料にする!」と息巻いている所もあり、広島各地で店が潰れないか心配になってしまうが、それだけ嬉しいという事だろう。

広島優勝記念グッズももちろん販売されるようである。

広島出身芸人も喜びの声

有吉や徳井、アンガールズなどのカープ芸人は喜びのコメントを発した。徳井義実や宇治原らは球場内で直接観戦、喜びの声を上げた。他の芸人たちもツイッター上で祝福のコメントを上げている。

今回は25年ぶりというインパクトの大きい物なので、テレビや新聞も大いに盛り上がるだろう。『アメトーーク』などのバラエティ番組でも取り上げられることが予想される。また、広島の選手をテレビで見る頻度が増すかもしれない。

 

各球団、特に監督の若返りが目立つ中でのカープの25年ぶりの優勝はインパクト大であった。各球団の明と暗がはっきり分かれたと言っていいかもしれない。

 

ではでは

優勝記念グッズ一部


スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。