ベイビーステップ#8『いつもと違う場所』感想

Pocket

BabySteps

ベイビーステップ

#8『いつもと違う場所』

 

☆ベイビーステップ感想まとめはこちら

※ネタバレが含まれますのでご注意ください。

 

スポンサーリンク





初試合

知らない人と机越しに対面する受け付け。

時間通りに開始にならない試合。

初めての試合って緊張しますよね。

 

とは言うものの初めての試合、私はあまり緊張しなかったかもしれません。

それよりも、結果が出たらプロも視野に入れようかどうしようかと、プロを少し意識し始めた時の大会の初試合が異様に緊張しました。

いつも通り打てなかったです。

なので、大会にかける意気込みが大きければ大きいほど、緊張につかまってしまうかもしれませんね。

メンタルトレーニングをしっかり積んだ人はそうでもないかもしれません。

 

なので、エーちゃんのようにド素人で何も気負う事が無いはずなのに、緊張しまくるというのは珍しいような気もします。

むしろ、プロを目指して戦い始めてからの、異様な精神力とのギャップがスゴイ笑

 

試合前のウォーミングアップ

試合前にどんなことをすればいいのかという話題が上がっていますね。

これも人によって様々でしょうね。

 

ただやっぱり練習前に取り入れている動きと同じことをするような人が多いんではないでしょうか。

自分の場合でしたら、軽くランニングをしてステップ。サーブ、ストローク、ボレーなど一通りしてあとは周りの情報があまり入らないようにします。

 

とはいえ、試合が始まるまでのソワソワ感ってなんかイヤですよね。

緊張を隠すためかニヤニヤしちゃうし笑

もう慣れですね慣れ

胸を張って、自信満々な表情を作って、ウソでもいいから「あ~楽しみだなぁ」って言って。身体と心をだましてでも試合の状態に持って行くしかありません。

特に、楽しみにするって大事だと思います。

あのコースに決めたろ、とか遊び感覚も少し取り入れつつやると結構緊張せずにいつも通りの力を出せます。(と思います)

 

シードの大林君

丸尾くんには負けた事がない、がキャッチフレーズになる大林君です笑

シード選手って強そうに見えますよね。

でも自分がシードになるためには必ずどこかで倒さなくてはいけません。

 

シード選手も落ち着いた顔をしていても内心ドキドキしている物です。

自分よりランクがはるか下の選手と当たるときでも、「妙なフォームの変なクセ球の人だったら嫌だな」とか考えているものです。

 

特に高校生の場合はシードと言えども同い年という事を忘れてはいけませんね。

 

なっちゃんの応援

「エーちゃんの記念日を見逃すとこだったよ」と言って、試合前に楽しそうにお話をしています。

・・・・・・。

負けてしまえ・・・。

というのは冗談ですが、応援してくれる人がいると嬉しいですよね。

個人戦よりも団体戦の方が、力が出る気がします。

 

タクマの優しさ

試合前にあたふたするエーちゃんにタクマがかかと落としの喝を入れます。

出来る事をするしかないというタクマなりのメッセージですね。

 

このさり気ないやさしさをバンバン見せつける路線なら、もしかしたらなっちゃんといい感じになれる可能性もあったかもしれないのに、バカな男です。

しかし、この不器用さも含めて彼なのです。

 

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。