ベイビーステップ#439『遠い距離』感想

Pocket

BabySteps

ベイビーステップ

#439『遠い距離』

 

スポンサーリンク





ポジション

今回の話のサブタイトル『遠い距離』の通り、エーちゃんがレシーブのポジションを遠目に取っていますね。

全日本選手権での門馬戦やウィンブルドンでの経験から、必要以上にポジションを遠くに取る事を戒めてきたエーちゃんでしたが、勝つためには必要だと判断したようです。

 

実際、プロ選手もポジションが一定という事はありません。

少し遠めにとったり、攻める時には近くとったりとプレッシャーをかけたり、相手に慣れさせないようにしています。

クリシュナもこの展開を『想定内・・・・望む展開じゃないけど・・・・』と胸のうちで語っているので、エーちゃんは一つの正解に辿り着いたようです。

テニスは相手の嫌がる事をやる競技ですからね(いい意味で)

 

ポジションを遠くに取ったことで、クリシュナのサーブをある程度余裕を持って返すことが出来ています。

が、同時に距離が遠いので、決定打を打つ事もできません。

 

普通、ミスするだろう

ポジションを変えるという事は、それだけ打つ場所の感覚が違ってくるという事で、深い球を打ったつもりでも浅くなってしまう事は多い物です。

エーちゃんはポジションを深めに取ってからの初っ端から『狙うは狭くて深い所・・・』と狙い通り打てているのでさすがです。

漫画だから当たり前かもしれませんけど、めちゃくちゃアンフォーストエラーが少ないですからね。

※アンフォーストエラーは自分のミスで相手にポイントが入ることです。

 

ドロップショット

錦織選手がよく活用しているドロップショットですが、この話の中でクリシュナも放ちました。

ポジションを後ろにしている分効果はありかと思いきや、エーちゃんすかさずナイスキャッチです。

ドロップは意識に無い時にやられると簡単に点を取られてしまいますが、来る事を警戒していれば、けっこうとれるものです。

相手の色々な攻撃のパターンを予測して頭の片隅に入れている事はエーちゃんの大きな強みですね。

 

次回#440『職人』につづく。

 

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。